PASSWD

Section: Linux Programmer's Manual (1)
Updated: 11 November 1996
Index JM Home Page roff page
 

名前

passwd - パスワードを変更する  

書式

passwd [ -o ] [ -q ] [ -v ] [ name [ password ]]
passwd -f [ arguments to chfn ]
passwd -s [ arguments to chsh ]

 

説明

引数なしの passwd 現在のユーザのパスワードを変更する。 最初にユーザは古いパスワードを尋ねられる、その後 新しいパスワードを二回尋ねられる。これは入力の 間違いを見つけるためである。 一つまたは二つの引数形式はスーパーユーザにだけ使用することが出来る。 一つの形式を使用した場合、スーパーユーザは ユーザ のパスワードを変更することが出来る。 スーパーユーザはユーザの古いパスワードを尋ねられない,しかし 適切なパスワードに対する規則は -o オプションが使用されない限り適用されるだろう。 スーパーユーザには、この規則に従わないパスワードを選択する ための正当な理由がある場合もあろう。 二つの引数を持つ形式では、二番目の引数で記述された パスワードユーザ に与える。 このパスワードは`ps'その他を実行する人達に見えてしまうことに 注意せよ。この形式は使うべきではない。 二つの引数として空文字を与えるとユーザのパスワードを 消去するが -o オプションと組み合わせた場合だけである。

パスワードの変更は syslog(3) ファシリティ を利用して記録することができる。 これはコンパイル時の定義に依存する(デフォルトでは有効)。 この場合、ルートのパスワードを除く全てのパスワードの変更は auth.noticeという低レベルで記録される。ルートのパスワード の変更はauth.warningのレベルで記録される。  

オプション

-f, --fullname
ユーザのフルネーム(passwdのGECOSフィールドに登録されている)を変更する。 /usr/bin/chfnをオプションでないコマンド行引数とともに呼び出す。
-o, --force
新しいパスワードの単純性のチェックを行わない。 このオプションはスーパーユーザのみ使用できる。 これはスーパーユーザに与えられた初期状態でも 単純なパスワードを有効にすることを目的とした ものである。
-s, --shell
/usr/bin/chshをオプションでないコマンド行引数とともに ユーザのシェルを変更する。
-q, --quiet, --silent
このモードのpasswdは、パスワードが変更を受けたことを通知しない。
-v, -V, --version
バージョン情報を出力し、終了する。

 

パスワード規則

新しいパスワードは以下の規則に従わなければならない。
o
少なくとも6文字であること;

o
古いパスワードと同じではならない;

o
少なくとも次の文字クラスの内の二つから取られた文字を含まなければならない: 大文字および小文字。アラビア数字および非英数字。

o
ユーザ名も実名のうちのいずれの単語とも,正順でも逆順でも, 開始でも終わりでも一致してはいけない。
 

バグ

気が変わってもこのプログラムから抜けることが出来ない。 他のターミナルからキルされるまでに新しいパスワードを要求されるだろう。 (これはシグナルを無視するというgetpass(3)のバグによるものである。)  

ファイル

/etc/passwd
パスワードファイル
 

関連項目

chsh(1), chfn(1), syslog(3), syslog.conf(5), passwd(8).  

著者

Peter Orbaek (poe@daimi.aau.dk).
Martin Schulze (joey@infodrom.north.de)によって広範囲の修正及び 改良がなされた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
パスワード規則
バグ
ファイル
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:36 GMT, March 14, 2017