CHSH

Section: Linux Reference Manual (1)
Updated: 7 October 1998
Index JM Home Page roff page
 

名前

chsh - ログインシェルを変更する  

書式

chsh [ -s shell ] [ -l ] [ -u ] [ -v ] [ username ]  

説明

chsh はログインシェルを変更する。 chsh はログインシェルを変更するために使用する。 シェルがコマンド行で指定されなかった場合 chsh はシェルをたずねてくる。  

有効なシェル

chsh はシステム上のどのような実行ファイルのフルパス名も受け付ける。 しかし、シェルが /etc/shells ファイルに記載されていない場合は警告を発する。 一方で、ルートでない限り、このファイルに記載されているシェルだけを 受け付けるように設定することもできる。  

オプション

-s, --shell
ログインシェルを指定する。
-l, --list-shells
/etc/shells に記載されているシェルの一覧を出力し、終了する。
-u, --help
使用法を出力し、終了する。 O Print version information and exit.
-v, --version
バージョン情報を出力し、終了する。
 

関連項目

login(1), passwd(5), shells(5)  

著者

Salvatore Valente <svalente@mit.edu>


 

Index

名前
書式
説明
有効なシェル
オプション
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, March 14, 2018