CAL

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
 

名前

cal - カレンダーを表示する  

書式

cal [-smjy13 ] [[ month ] year ]  

説明

cal は簡単なカレンダーを表示する。 引数を指定しないと、今月のカレンダーが表示される。 オプションは以下の通り。

-1
一つの月だけを出力する (これがデフォルトである)。
-3
先月/今月/来月 形式で出力する。
-s
日曜日を週の最初の曜日にする (これがデフォルトである)。
-m
月曜日を週の最初の曜日にする。
-j
ユリウス日付 (1 月 1 日を第 1 日とする年間通算日) を表示する。
-y
今年のカレンダーを表示する。

引数をひとつ (1〜9999) 指定すると、その年のカレンダーが表示される。 年を表す数字は全桁指定する必要がある。 ``cal 89 '' と指定しても、1989 年のカレンダーは 表示されない。 引数を二つ指定すると、月 (1〜12) と年として解釈される。 パラメータをひとつも指定しないと、今月のカレンダーが表示される。

年は 1 月 1 日から始まる。

グレゴリオ暦への切り替えは 1752 年の 9 月 3 日に行われたと仮定している。 この時までにほとんどの国が切り替えを承認した。 (ただし 1900 年初頭まで承認しなかった国も、僅かながらあった)。 この切り替えにより、この日から 10 日間が削除されたため、 この月のカレンダは少し変になっている。  

履歴

コマンドは Version 6 AT&T UNIX で登場した。  

他のバージョン

このプログラムを精巧に作り上げ、 カラー・休日・誕生日・メモ・予定などをサポートしたバージョンも存在する。 例えば、http://home.sprynet.com/~cbagwell/projects.html から入手できる cal や GNU gcal を試してみよ。


 

Index

名前
書式
説明
履歴
他のバージョン

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, March 14, 2018