本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

RMAIL

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: %Date: 2000/12/29 18:12:22 %
Index JM Home Page roff page
 

名称

rmail - uucpで送られてきたメールを処理する  

書式

rmail [-D domain] [-T] user ...  

解説

rmailuucp(1) 経由で受けとったメールを解釈し、 mail.local(8) によって生成される ``From'' 行を、``return-path!sender'' という一行に変換して sendmail(8) に渡します。

rmail は、明らかに uucp(1) と sendmail(8) で使われるように設計されています。  

フラグ

-D
指定した domain を、``UUCP'' のデフォルトドメインとして使用します。
-T
デバッグを有効にします。
 

関連項目

uucp(1), mail.local(8), sendmail(8)  

歴史

rmail プログラムは 4.2BSD から登場しました。  

バグ

rmail は /bin に置くべきではありません。


 

Index

名称
書式
解説
フラグ
関連項目
歴史
バグ

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:35 GMT, March 14, 2017