MKREISERFS

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: February 2004
Index JM Home Page roff page
 

名前

mkreiserfs - Linux ReiserFS ファイルシステムの作成ツール  

書式

mkreiserfs [ -dfV ] [ -b | --block-size N ] [ -h | --hash HASH ] [ -u | --uuid UUID ] [ -l | --label LABEL ] [ --format FORMAT ] [ -q | --quiet ] [ -j | --journal-device FILE ] [ -s | --journal-size N ] [ -o | --journal-offset N ] [ -t | --transaction-max-size N ] [ -B | --badblocks file ] device [ filesystem-size ]  

説明

mkriserfs はデバイス (普通はディスクパーティション) 上に Linux ReiserFS ファイルシステムを作成する。
device
デバイスまたはパーティションに対応するスペシャルファイル (例えば、/dev/hdXX は IDE ディスクパーティションで、 /dev/sdXX は SCSI ディスクパーティションである)。
filesystem-size
ファイルシステムのサイズ (ブロック単位)。 省略された場合、mkreiserfs が自動的に設定する。
 

オプション

-b | --block-size N
N はブロックサイズ (バイト単位) である。 512-8192 の範囲で 2 の累乗の値だけを設定できる。
-h | --hash HASH
HASH はどのハッシュ関数で ディレクトリ内のファイル名をソートするかを指定する。 r5, rupasov, tea から選択すること。 r5 がデフォルトである。
--format FORMAT
FORMAT は新規のファイルシステムに使うフォーマットを指定する。 フォーマットは 3.5 または 3.6 を選択すること。 何も指定しない場合、mkreiserfs は 動作しているカーネルが 2.4 以降ならばフォーマット 3.6 で作成する。 カーネルが 2.2 ならばフォーマット 3.5 で作成する。 それ以外のカーネルのときは作成を拒否する。
-u | --uuid UUID
ファイルシステムの Universally Unique IDentifier (全世界で重なることのない一意な識別子) に UUID を設定する (uuidgen(8) を参照)。 UUID のフォーマットはハイフンで区切った 16 進数の文字列である。 たとえば、"c1b9d5a2-f162-11cf-9ece-0020afc76f16"。 このオプションを指定しなかった場合、 mkreiserfs はデフォルトで新しい UUID を生成する。
-l | --label LABEL
ファイルシステムのボリュームラベルを設定する。 LABEL は最大 16 文字である。 17 文字以上の場合、mkreiserfs は文字列を切り詰める。
-q | --quiet
メッセージ・進捗状況・質問を表示させず、 mkreiserfs が寡黙に動作するように設定する。 エンドユーザが使うためだけにあり、 スクリプト中で mkreiserfs を動作させるときに役立つ。
-j | --journal-device FILE
FILE はファイルシステムのジャーナルが置かれる ブロックデバイス名である。
-o | --journal-offset N
N はジャーナルを別のデバイス上に置く場合の ジャーナルの開始オフセットである。 デフォルトは 0 である。 ジャーナルをホストデバイスに置く場合、N は何も影響しない。
-s | --journal-size N
N はジャーナルのサイズ (ブロック数) である。 ジャーナルを別のデバイス上に置く場合、 これがデバイスが持つジャーナルのブロック数のデフォルトサイズになる。 ジャーナルをホストデバイス上に置く場合、 このサイズのデフォルト値は 8193 で、 指定可能な最大値は 32749 である (ブロックサイズが 4k のとき)。 最小値は (ジャーナルをホストデバイス上に置く場合も、 別のデバイス上に置く場合も) 513 ブロックである。
-t | --transaction-max-size N
N はジャーナルのトランザクションサイズパラメータの最大値である。 デフォルト値と最大値は 1024 ブロックである。 この値はジャーナルの半分以下のサイズにすべきである。 不正な値が指定された場合は自動的に調整される。
-B | --badblocks file
file はファイルシステム上で不正とマークされたブロックのリストが 書かれるファイルの名前である。 このリストは /sbin/badblocks -b block-size device で作成できる。
-f
デバイスがディスク全体である場合・ デバイスがマウントされていると検出された場合・ デバイスがブロックデバイスでない場合であっても、 mkreiserfs に処理を続行させる。 -f を 2 回以上指定すれば、ユーザに確認させないようにできる。
-d
mkreiserfs の処理の間にデバッグ情報を表示させるように設定する。
-V
バージョン情報を表示して、終了する。

 

著者

このバージョンの mkreiserfs は Edward Shishkin <edward@namesys.com> によって書かれた。  

バグ

バグは、できる限り多くの情報 (ハードウェア・カーネル・パッチ・設定・ 表示された全てのメッセージ) とともに、 ReiserFS の開発者 <reiserfs-dev@namesys.com> に報告してほしい。 関連する情報があるかもしれないので syslog を調べてほしい。  

関連項目

reiserfsck(8), debugreiserfs(8), reiserfstune(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著者
バグ
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017