WARNQUOTA

Section: Maintenance Commands (8)
Index JM Home Page roff page
 

名前

warnquota - quota を超過したユーザーにメールを送る  

書式

warnquota [ -ugsid ] [ -F quotaformat ] [ -q quotatab ] [ -c configfile ] [ -a adminsfile ]  

説明

warnquota は各ファイルシステムのディスク quota を調べて、 制限に達したユーザーに警告メッセージのメールを送る。 通常は cron(8) を用いて実行される。
-F quotaformat
指定されたフォーマットで設定を行う (つまり、フォーマットの自動判定を行わない)。 指定可能なフォーマット名は以下の通り: vfsold (バージョン 1 の quota), vfsv0 (バージョン 2 の quota), rpc (NFS 越しの quota), xfs (XFS ファイルシステム上の quota)。
-q quotatab
デバイス記述文字列を書いたファイルとして、 /etc/quotatab ではなく quotatab を使う (書式は例のファイルを参照すること)。
-c configfile
設定ファイルとして、 /etc/warnquota.conf ではなく configfile を使う (書式は例のファイルを参照すること)。
-a adminsfile
グループの管理者を書いたファイルとして、 /etc/quotagrpadmins ではなく adminsfile を使う。
-u
ユーザーが quota を超過していないかを調べる (これがデフォルトである)。
-g
グループが quota を超過していないかを調べる。 グループが quota を超過している場合、 /etc/quotagrpadmins で指定されているユーザーにメールが送られる。
-s
使用容量・使用 inode・使用限度を、デフォルトの単位ではなく、 より適切な単位で報告する。
-i
automount でマウントされたマウントポイントを無視する。
-d
E メールに quota のレポートを添付しない。
 

ファイル

aquota.user
ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 2 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。
quota.user
ファイルシステムのルートに置かれた quota ファイル (バージョン 1 の quota, XFS 以外のファイルシステム)。
/etc/warnquota.conf
設定ファイル。
/etc/quotatab
デバイスの記述。
/etc/quotagrpadmins
グループの管理者。
/etc/mtab
デフォルトのファイルシステム。
/etc/passwd
デフォルトのユーザーのセット。
 

関連項目

quota(1), cron(8), edquota(8).  

著者

warnquota(8) は Marco van Wieringen <mvw@planets.elm.net> によって書かれ、 Jan Kara <jack@suse.cz> によって修正された。 このリファレンスページは Heiko Schlittermann <heiko@lotte.sax.de> によって書かれ、 Jan Kara によって修正された。


 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:32 GMT, March 14, 2018