CONVERTQUOTA

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: Fri Aug 20 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

convertquota - quota を古いフォーマットから新しいフォーマットに変換する  

書式

convertquota [ -ug ] [ -e | -f ] filesystem  

説明

convertquota は、 filesystem にある古い quota ファイル quota.userquota.group を、2.4.0-ac? 以降や SuSE または Red Hat Linux の カーネル 2.4 で現在使われている新しいフォーマットのファイル aquota.useraquota.group に変換する。

新しいファイルフォーマットでは、 32 ビットのユーザー ID・グループ ID の使用、root に対する quota 設定、 バイト単位での使用容量の集計 (さらに ReiserFS での quota の使用) が可能であり、 アーキテクチャに依存しない。 このフォーマットでは、quota ファイルに Radix ツリー (簡単な形式のツリー構造) が導入された。  

オプション

-u
ユーザー quota ファイルを変換する。 これがデフォルトである。
-g
グループ quota ファイルを変換する。
-f
古いファイルフォーマットから新しいファイルフォーマットへ変換する。 これがデフォルトである。
-e
新しいファイルフォーマットを ビッグエンディアンからリトルエンディアンに変換する。
-V
バージョン情報を表示する。
 

ファイル

aquota.user
新しいユーザー quota ファイル。
aquota.group
新しいグループ quota ファイル。
 

関連項目

quota(1), setquota(8), edquota(8), quotacheck(8), quotaon(8), repquota(8)  

著者

Jan Kara <jack@suse.cz>


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017