SYSCTL

Section: (8)
Updated: 21 Sep 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

sysctl - 実行時にカーネルパラメータを設定する  

書式

sysctl [-n] [-e] variable ...
sysctl [-n] [-e] [-q] -w variable=value ...
sysctl [-n] [-e] [-q] -p <filename>
sysctl [-n] [-e] -a
sysctl [-n] [-e] -A  

説明

sysctl はカーネルのパラメータを実行時に修正するのに用いる。 変更できるパラメータは /proc/sys/ 以下にリストされているものである。 Linux における sysctl の機能には procfs が必要である。 sysctl は sysctl データの読み書き両方に使える。  

パラメータ

variable
読み取りの対象とするキーの名前。例えば kernel.ostype など。 セパレータとして '.' の代わりに '/' を用いることもできる。
variable=value
キーを設定する形式。 variable はキーで、 value がそのキーに設定される値である。 value にクォートやシェルによってパーズされる文字が入っている場合は、 value 全体をダブルクォートで括る必要がある。 この指定をしたら -w パラメータも指定しなければならない。
-n
キーの名前は表示せず、値だけ表示する。
-e
不明なキーについてのエラーを無視する。
-N
名前のみを表示する。 プログラム補完を持つシェルで役立つ。
-q
値のセットを標準出力に表示しない。
-w
sysctl の設定を変更する場合には、このオプションを指定する。
-p
指定されたファイルから読み込んだ内容を sysctl 設定にロードする (ファイル指定がなければ /etc/sysctl.conf から)。
-a
現在利用できる全ての値を表示する。
-A
現在利用できる全ての値を表形式で表示する。
 

/sbin/sysctl -a
/sbin/sysctl -n kernel.hostname
/sbin/sysctl -w kernel.domainname="example.com"
/sbin/sysctl -p /etc/sysctl.conf
 

ファイル

/proc/sys /etc/sysctl.conf  

関連項目

sysctl.conf(5)  

バグ

-A パラメータが -a と同じようにしか動作しない。  

著者

George Staikos, <staikos@0wned.org>


 

Index

名前
書式
説明
パラメータ
ファイル
関連項目
バグ
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:32 GMT, March 14, 2018