PPPDUMP

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 1 April 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

pppdump - PPP 記録ファイルを人が読める形式に変換する  

書式

pppdump [ -h | -p [ -d ]] [ -r ] [ -m mru ] [ file ... ]
              

説明

pppdump ユーティリティは pppdrecord オプションを使用して書かれたファイルを、人が読める形式に変換する。 ひとつもしくはそれ以上のファイル名が指定された場合 pppdump は順番にそれぞれのファイルを読み込む; ファイル名が指定されなかった場合は、 標準入力から読み込みを行う。 いずれの場合も、結果は標準出力に出力される。

オプションは以下の通りである:

-h
送受信されたバイトを 16 進数で印刷する。このオプションも -p オプションも 指定されない場合、バイトは文字そのものとして印字される。このとき、印字できない文字や 非アスキー文字はエスケープシーケンスとして印字される。
-p
async HDLC 構成およびエスケープキャラクタを解釈し、 非同期の HDLC フレーミングとエスケープキャラクタを解釈し、 各パケットの FCS (frame check sequence) をチェックして、PPP パケットに 格納されて送受信されたバイトを収集する。パケットは、16 進数と文字の両形式 印字される。(印字できない文字は、`.'として印字される)
-d
-p オプションと一緒に使用し、 pppdump に BSD 方式で圧縮されたパケットの解凍を行うように指示する。
-r
方向の解釈を反転する。その結果、受信したバイトまたはパケットに対して `sent' と表示され、送信したバイトまたはパケットに対して `rcvd' と 表示される。
-m mru
(-p オプションとともに使用し) 長さを超過した PPP パケットをチェックする場合、 リンクの両方向の MRU (最大受信単位)として mru を使用する。
 

関連項目

pppd(8)


 

Index

名前
書式
説明
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017