SETPNP

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 2000/06/12 21:24:49
Index JM Home Page roff page
 

名前

setpnp - Plug & Play BIOS のデバイスリソースを変更する  

書式

setpnp [-b] device resource...
setpnp [-b] device {on|off}  

説明

このユーティリティは、 Plug & Play BIOS デバイスノードの システムリソース情報を更新する。デバイスは 2 桁 16 進の ノード番号によって指定する。 1 番目の形式では、リソースのリストはコマンドラインから与えられる。 あるいは、デバイスを単に on (ブート時の設定にリセットする) にしたり off (全てのリソースを無効にする) にすることもできる。

リソースの型は 4 つある。 "io", "mem", "irq", "dma" である。 リソースリストは、リソース型とその値をスペースで区切ったペアからなる。 一つのリソース型に複数の値を与えるときはコンマで区切る。 値は単一の値のこともあるし、 ダッシュ ("-") で区切られた範囲のこともある。 例を示す。

setpnp 0d io 0x2f8-0x2ff irq 3
setpnp 12 io 0x350-0x35f,0x2f8-0x2ff irq 3 irq 10

型の並び順は重要ではない。しかし同じ型に 2 つ以上の指定がなされたときは、 それらの間の並び順が重要となる。 Plug & Play BIOS は不正な設定を拒否するが、 setpnp はなぜその設定が拒否されたかを調べようとはしない。

デフォルトでは、現在の (動的な) デバイス設定情報が修正される。 -b オプションを用いると、デバイスのブート時 (静的) 情報を更新できる。 デバイスによっては次回のブート時でないと再設定できないかもしれない。 このコマンドを誤って用いると、正しく動作しているシステムデバイスを 無効にしてしまい、システムをブート不能にしてしまうかもしれない。  

オプション

-b
ブートモード: デバイスのリソース情報を更新し、 これが次回のブートで (現在のリソース情報の代わりに) 使われることになる。
 

ファイル

/proc/bus/pnp/...
Plug & Play BIOS デバイスサービスのカーネルインターフェース
 

著者

David Hinds - dahinds@users.sourceforge.net  

関連項目

lspnp(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017