LSPNP

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 2000/06/12 21:24:49
Index JM Home Page roff page
 

名前

lspnp - Plug & Play BIOS のデバイスノードとリソースをリストする  

書式

lspnp [-b] [-v[v]] [device ...]  

説明

このユーティリティは /proc/bus/pnp ツリーの内容を解釈し、整形して表示する。 デフォルトの出力は Plug & Play デバイスのノード番号・ プロダクト識別子・記述、である。 詳細出力モード (-v) を指定すると、各デバイスに割り当てられているリソース (I/O ポート・メモリ・割り込み・DMA チャネル) も表示される。 さらに詳細な出力モード (-vv) を指定すると、割り当て可能なリソース・様々な設定フラグ・ 互換デバイスのプロダクト識別子なども表示される。

出力対象とするデバイスノードを限ることもできる。 これには 2 桁 16 進のノード番号をコマンドラインから指定する。 デフォルトでは現在の (動的な) デバイス設定情報が表示される。 -b オプションを指定すると、ブート時の (静的な) 設定が表示される。  

オプション

-b
ブートモード: デバイスのリソース情報を読み込む。 これが次回のブートで (現在のリソース情報の代わりに) 使われることになる。
-v
より詳細な出力を行う。複数指定することもできる。
 

ファイル

/usr/share/pnp.ids
既知の Plug & Play デバイス ID のデータベース
/proc/bus/pnp/...
Plug & Play BIOS デバイスサービスのカーネルインターフェース
 

著者

David Hinds - dahinds@users.sourceforge.net  

関連項目

setpnp(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017