rpc.nfsd

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 31 May 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

rpc.nfsd - NFS サーバープロセス  

書式

/usr/sbin/rpc.nfsd [-p port] nproc  

説明

rpc.nfsd プログラムは NFS サービスのユーザーレベル部分を実装している。 主な機能は nfsd.o カーネルモジュールで処理される。 ユーザー空間プログラムは単に指定された番号の カーネルスレッドを開始するだけである。

NFS クライアントからのマウント要求を満たすために必要なサービスは rpc.mountd サーバーが提供する。  

オプション

-p port
NFS リクエストを待ち受けるポートを通常とは異なるものにする。 デフォルトでは rpc.nfsd は 2049 番ポートで待ち受ける。
nproc
NFS サーバースレッドの数を指定する。 デフォルトでは 1 つのスレッドしか起動しない。 しかし、性能を最適化するためには複数のスレッドを使うべきである。 どのくらいにすればよいかは NFS クライアントの数とそれらによる負荷に依存するが、 最初は 8 スレッドくらいがよいだろう。 スレッド数を変更したときの効果は nfsstat(8) プログラムを使ってチェックできる。
 

関連項目

rpc.mountd(8), exportfs(8), rpc.rquotad(8), nfsstat(8).  

著者

Olaf Kirch, Bill Hawes, H. J. Lu, G. Allan Morris III, その他の人々。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017