rpc.mountd

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 31 Aug 2004
Index JM Home Page roff page
 

名前

rpc.mountd - NFS マウントデーモン  

書式

/usr/sbin/rpc.mountd [options]  

説明

rpc.mountd プログラムは NFS のマウントプロトコルを実装している。 rpc.mountd は NFS クライアントから MOUNT リクエストを受け取ると、 現在エクスポートされているファイルシステムのリストを参照し、 そのリクエストが正当なものかどうかをチェックする。 クライアントがそのファイルシステムのマウントを許可されている場合には、 rpc.mountd は要求されたディレクトリのファイルハンドルを取得し、 それをクライアントに返す。  

NFS ファイルシステムのエクスポート

ファイルシステムを NFS クライアントが使用できるようにすることを、 エクスポートという。

通常 NFS の使用を許可するファイルシステムとホストは /etc/exports ファイルにリストされ、システムのブート時に exportfs -a で有効にされる。 exportfs(8) コマンドは、カーネル NFS サーバーモジュールと rpc.mountd デーモンとの両方に対して、エクスポート情報を利用可能にする。

もしくは、 exportfshost:/directory という書式を使って、個別のディレクトリを一時的にエクスポートすることもできる。  

rmtab ファイル

NFS クライアントからマウント・リクエストを受けとるごとに、 rpc.mountd/var/lib/nfs/rmtab ファイルにエントリを追加する。 アンマウント・リクエストを受け取ると、そのエントリは削除される。

ただし、このファイルはほとんど飾りのようなものである。 ひとつには、 rpc.mountd の UMOUNT プロシージャが呼ばれた後でも クライアントはファイルハンドルを使い続けることができてしまうし、 またもうひとつには、 mountd に知らせずにリブートすると、 rmtab に古いエントリが残ってしまう。  

オプション

-d kind または --debug kind
デバッグを有効にする。 kind として指定可能な値は以下の通り: all, auth, call, parse.
-F または --foreground
フォアグラウンドで実行する (デーモン化しない)。
-f または --exports-file
このオプションはエクスポートファイルを指定する。 エクスポートファイルには、このサーバーがサービスを提供するクライアントと、 それぞれのマウントに対して適用されるパラメータがリストされている (exports(5) を見よ)。デフォルトのエクスポートファイルは /etc/exports である。
-h または --help
使用法のメッセージを表示する。
-o num または --descriptors num
オープンするファイルディスクリプタの上限を num にする。 デフォルトでは上限を変更しない。
-N または --no-nfs-version
このオプションを使うと、 rpc.mountd に特定のバージョンの NFS を提供させないようにできる。 rpc.mountd の現在のバージョンでは、NFS バージョン 2 と より新しいバージョン 3 の両方をサポートしている。 NFS カーネルモジュールが NFSv3 に対応するようにコンパイルされていない場合、 rpc.mountd をオプション --no-nfs-version 3 で起動しなければならない。
-n または --no-tcp
mount の際に TCP に広報しない。
-P
無視される (unfsd との互換性のためにある)。
-p または --port num
rpc.mountd を特定のポート num にバインドさせる。 portmapper によって割り当てられるランダムなポートを使わない。
-H または --ha-callout prog
高可用性コールアウトプログラムを指定する。 このプログラムは全てのクライアントのマウント要求とアンマウント要求の コールアウトを受け付ける。 これにより、高可用性 NFS (High Availability NFS, HA-NFS) 環境で rpc.mountd を使用することができる。 このコールアウトは 2.6 以降のカーネルでは必要ない (使用すべきではない)。 (代わりに、nfsd ファイルシステムを /proc/fs/nfsd にマウントすること)。 このプログラムは 4 つの引き数を付けて呼ばれる。 1 番目の引き数は mount または unmount である。これはコールアウトの理由に依存する。 2 番目の引き数はマウントを実行しているクライアントの名前である。 3 番目の引き数はクライアントがマウントしているパスである。 最後の引き数は同時マウント数である。 これは mountd が把握している、 そのパスをマウントしているクライアントの数である。
-V または --nfs-version
このオプションを使うと、 rpc.mountd に特定のバージョンの NFS を提供させることができる。 rpc.mountd の現在のバージョンでは、NFS バージョン 2 と より新しいバージョン 3 の両方に対応することができる。
-v または --version
rpc.mountd のバージョンを表示して終了する。

 

TCP_WRAPPERS のサポート

このバージョンの rpc.mountdtcp_wrapper ライブラリによって保護することができる。 クライアントに rpc.mountd の使用を許可するためには、アクセス権を与えなければならない。 .bar.com ドメインのクライアントからの接続を許可するためには、 以下の行を /etc/hosts.allow に記述する。

mountd: .bar.com

デーモン名としては (バイナリの名前がこれとは違っても) mountd を使わなければならない。

より詳しい情報については、 tcpd(8), hosts_access(5) の man ページを参照してほしい。

 

関連項目

rpc.nfsd(8), exportfs(8), exports(5), rpc.rquotad(8).  

ファイル

/etc/exports, /var/lib/nfs/xtab.  

著者

Olaf Kirch, H. J. Lu, G. Allan Morris III, その他の多くの人々。


 

Index

名前
書式
説明
NFS ファイルシステムのエクスポート
rmtab ファイル
オプション
TCP_WRAPPERS のサポート
関連項目
ファイル
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017