WRITED

Section: Maintenance Commands (8)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

writed - リモートの write サーバ  

書式

writed  

説明

writed は、あるホスト上の write(1) プログラムが別のホスト上の write(1) プログラムと接続し、ネットワークを経由して通信するための、 非常に簡単なプロトコルの実装である。 プロトコルの詳細は、不正な使用をさせないため、 この man ページでは故意に説明していない。

writed は、 inetd(8) から起動され、ポート番号 811 で TCP リクエストの接続を待つことになっている。  

関連項目

write(1)  

バグ

TIP からサーバへ直接接続した場合や、 それと同じくらい見識の狭い TELNET プロトコルを使ったユーザープログラムでの接続した場合、 無意味なオプションネゴシエーションをサーバに送ることになり、 コマンド行の解釈を混乱させる。 writed は、 IAC をフィルタするべきである。 さらに、受信した全てのオプションコマンドに対して (IAC WON'T ) でネガティブに応答するべきかもしれない。

ユーザーがメッセージを送るのに、出所の正しさを決定しようとはしない。  

履歴

コマンドは、プロジェクト Athena と協力して MIT で開発された。 このコマンドは、基本的には fingerd(8) をハックしたものである。


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
バグ
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017