BOOTPARAMS

Section: File Formats (5)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

bootparams - ブートパラメータのデータベース  

書式

/etc/bootparams  

説明

ファイルは、ディスクレスクライアントが ネットワーク越しにブートする際に要求する、 ブートパラメータを指定する。 このサーバがサポートするクライアントは、 ファイルに root のパス名と (オプションとして) swap 領域のパス名を記述したエントリを持たなければならない。

ファイル中の (# で始まるコメント行以外の) 各行で、 クライアント名、それに続いて、クライアントが論理名で要求するパス名を指定する。 行中の要素は、空白かタブで区切られ、 バックスラッシュを使うことで複数行に続けることができる。

例を以下に示す:

dummy   root=host:/export/dummy/root \
        swap=host:/export/dummy/swap \
        dump=host:/export/dummy/swap

"dummy" という名前のクライアントが 自らの論理 "root" を要求した場合、 この RPC リクエストに対する返答として、 パス名 ``host:/export/dummy/root '' が与えられる。 "host:" の部分は必ず指定しなければならない。  

ファイル

/etc/bootparams
デフォルトの設定ファイル

 

関連項目

bootparamd(8)


 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, March 14, 2018