ERR

Section: C Library Functions (3)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

err verr errx verrx warn vwarn warnx vwarnx - エラーメッセージをフォーマットにする  

書式

Fd #include <err.h> Ft void Fn err int eval const char *fmt ... Ft void Fn verr int eval const char *fmt va_list args Ft void Fn errx int eval const char *fmt ... Ft void Fn verrx int eval const char *fmt va_list args Ft void Fn warn const char *fmt ... Ft void Fn vwarn const char *fmt va_list args Ft void Fn warnx const char *fmt ... Ft void Fn vwarnx const char *fmt va_list args  

説明

Fn err や Fn warn といった一連の関数は、フォーマットされたエラーメッセージを 標準エラーに表示する。 これら全ての関数は、プログラム名からディレクトリ部分を取り去った名前に、 コロンとスペースを続けたものを出力する。 引き数 fmt が NULL でない場合、フォーマットされたエラーメッセージ・ コロン・スペースが出力される。 Fn err , Fn verr , Fn warn , Fn vwarn 関数の場合、大域変数 errno の現在の値に対応したエラーメッセージ文字列が出力される。 全ての関数で、出力の後には改行文字が付く。

Fn err , Fn verr , Fn errx , Fn verrx 関数はリターンせず、引き数 Fa eval の値で終了する。  

現在のエラー番号 (errno) 情報の文字列を表示して終了する:
if ((p = malloc(size)) == NULL)
        err(1, NULL);
if ((fd = open(file_name, O_RDONLY, 0)) == -1)
        err(1, "%s", file_name);

エラーメッセージを表示して終了する:

if (tm.tm_hour < START_TIME)
        errx(1, "too early, wait until %s", start_time_string);

エラーの警告を出す:

if ((fd = open(raw_device, O_RDONLY, 0)) == -1)
        warnx("%s: %s: trying the block device",
            raw_device, strerror(errno));
if ((fd = open(block_device, O_RDONLY, 0)) == -1)
        err(1, "%s", block_device);
 

関連項目

strerror(3)  

履歴

Fn err と Fn warn 関数は BSD 4.4 で初めて登場した。


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:33 GMT, March 14, 2017