WRITE

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

write - 他のユーザーにメッセージを送る  

書式

write user[@host] [ttyname ]  

説明

write は、ネットワーク越しにユーザーの端末の行を 他のユーザーの端末にコピーすることにより、 他のユーザーとの通信を可能にする。

write コマンドを実行すると、 相手のユーザーは以下の形式のメッセージを受け取る。

Message from yourname@yourhost on yourtty at hh:mm ...

この後に入力された行は、指定されたユーザーの端末に 入力が終るごとにコピーされる。 相手のユーザーが返答したい場合は、同様に write を実行しなければならない。

メッセージを送り終ったら、end-of-file かインタラプト文字を入力すること。 相手のユーザーは、会話が終ったことを表す `EOF' というメッセージを受け取る。

ユーザーは (スーパーユーザー以外の) 他のユーザーが メッセージを書き込むのを mesg(1) コマンドを使って防ぐことができる。 nroff(1) や pr(1) といったコマンドは、ユーザーの出力が上書きされないように、 自動的に書き込みを不可にする。

メッセージを書き込みたい相手のユーザーが 複数の端末にログインしている場合、 write コマンドの 2 番目の引き数として端末名を指定することにより、 どの端末に書き込むかを指定できる。 逆に、ユーザーは書き込む端末を write に選ばせることができる - この場合、アイドル時間が最も短い端末を選択する。 ユーザーが職場でログインしている場合や、 自宅からダイヤルアップで接続している場合でも、 この選択方式によりメッセージは適切な端末に送られる。

誰かにメッセージを書く際の伝統的な取り決めとしては、 次のようなものがある。 文字列 `-o' が行末や単独で一行にある場合、 それは相手のユーザーの話す番になったことを意味する。 文字列 `oo' は、ユーザーが会話が終了したと考えていることを意味する。 この取り決めが失敗した場合や使われなかった場合、 「再描画」文字 (通常は ^R) が役立つことに気づくかもしれない。

ローカルで発展した他の取り決めとしては、次のようなものがある。 複数のユーザーで会話をする場合、 各行の先頭に (d) といった括弧に入った識別情報を置く。 これは複数のユーザーから来たメッセージを区別するとともに、 相手のユーザーにも同じようにすべきであると教える働きがある。  

関連項目

mesg(1), talk(1), finger(1), rwho(1), who(1)  

履歴

コマンドは AT&T System v6 で登場した。 ネットワーク上の人々は が Project Athena に関連して MIT で開発されたことを知っている。  

翻訳者謝辞

この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/> による翻訳を参考にさせていただいた。


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
履歴
翻訳者謝辞

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:34 GMT, March 14, 2017