RUPTIME

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

ruptime - ローカルの計算機のステータスを表示する  

書式

ruptime [-alrtu ]  

説明

ruptime は、ローカルネットワーク上の各マシンについて、 uptime に似たステータス行を表示する。 この表示は、ネットワーク上の各ホストから 1 分ごとに ブロードキャストされるパケットをもとに作成される。

ステータスレポートが 11 分以上途切れているマシンは、 ダウンしていると表示される。

オプション:

-a
-a フラグが指定されない限り、 1 時間以上アイドルになっているユーザーは表示されない。
-l
平均負荷の順にソートする。
-r
逆順にソートする。
-t
uptime の順にソートする。
-u
ユーザー数の順にソートする。

デフォルトのリストでは、ホスト名でソートされている。  

ファイル

/var/spool/rwho/whod.*
データファイル

 

関連項目

rup(1), rwho(1), uptime(1), rwhod(8)  

履歴

ruptime は BSD 4.2 から登場した。


 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:32 GMT, March 14, 2018