RUP

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

rup リモートホストの状態を表示する  

書式

rup [-dshlt ] [host ... ]  

説明

rup は、特定のホスト host またはローカルネットワーク上の全てのホストについて、 現在のシステム状態の概要を表示する。 出力として、現在時刻・システムが起動してからの時間・平均負荷が表示される。 平均負荷の数値は、それぞれ 1, 5, 15 分の間に 実行キューにあったジョブ数の平均値である。

以下のオプションが使用可能である。

-d
各ホストについて、ローカル時刻を表示する。 ネットワーク上での時刻の同期を調べるのに役立つ。
-s
スクリプトで使うために、時間データを秒で表示する (システムが起動してからの秒数と紀元年 (epoch) からの秒数を表示する)。
-h
ホスト名のアルファベット順にソートして表示する。
-l
平均負荷の順にソートして表示する。
-t
稼働時間の順にソートして表示する。

このコマンドが動作するためには、リモートホスト上で rpc.rstatd8 デーモンが稼働していなければならない。 rup は /usr/include/rpcsvc/rstat.x で定義されている RPC プロトコルを使う。  

example% rup otherhost
otherhost      up 6 days, 16:45,  load average: 0.20, 0.23, 0.18
example%
 

返り値

rup: RPC: Program not registered
rpc.rstatd8 デーモンがリモートホスト上で起動していない。
rup: RPC: Timed out
通信エラーが発生した。ネットワークが非常に混雑している。もしくは、 rpc.rstatd8 デーモンがリモートホスト上で終了させられた。
rup: RPC: Port mapper failure - RPC: Timed out
リモートホストが portmapper ( portmap(8) を参照) を実行しておらず、RPC を用いたサービスを提供していない。 ホストがダウンしている可能性がある。

 

関連項目

ruptime(1), portmap(8), rpc.rstatd8  

履歴

rup コマンドは SunOS で登場した。  

翻訳者謝辞

この man ページの翻訳にあたり、 FreeBSD jpman project <http://www.jp.freebsd.org/man-jp/> による翻訳を参考にさせていただいた。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
関連項目
履歴
翻訳者謝辞

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:33 GMT, March 14, 2017