FINGER

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
Linux NetKit (0.17)  

名前

finger - ユーザー情報を調査するプログラム  

書式

finger [-lmsp ] [user ... ] [user@host ... ]  

説明

finger は、システムのユーザーについての情報を表示する。

オプションは以下の通りである。

-s
finger は、ユーザーのログイン名・本名・端末の名前と書き込み属性 (書き込みが許可されていない場合、端末名の後に ``*'' が付く)・ アイドル時間・ログイン時刻・ オフィスの場所・オフィスの電話番号を表示する。

ログイン時刻は、月・日・時・分、の順に表示される。 ただし、ログインしてから 6 ヶ月以上経過している場合には、 時・分ではなく年が表示される。

不明なデバイス・アイドルしていない場合のアイドル時間・ログイン時刻は、 1 個のアスタリスクとして表示される。

-l
-s のオプションで得られる情報に加えて、ユーザーのホームディレクトリ・ 電話番号・ログインシェル・メールの着信状況・ ユーザーのホームディレクトリにある ``.plan '' ``.project '' ``.pgpkey '' ``.forward '' ファイルの内容、といった全ての情報を複数行にわたる形式で表示する。

11 桁の電話番号は ``+N-NNN-NNN-NNNN'' と表示される。 10 桁および 7 桁の電話番号は、11 桁のときの一部を取り出した形式で表示される。 また、5 桁の電話番号は ``xN-NNNN'' と表示され、 4 桁の電話番号は ``xNNNN'' と表示される。

端末への書き込みが許可されていない場合、 端末名が表示されている行に ``(messages off)'' と表示される。 -l オプションの場合、一人のユーザーに対して一つのエントリが表示される。 つまり、一人のユーザーが複数の端末でログインしている場合、 端末の数だけ端末情報が繰り返して表示される。

メールがない場合、メールの着信状況は ``No Mail.'' と表示される。 新しいメールが届いたあとにユーザーがメールボックスを参照した場合は、 ``Mail last read DDD MMM ## HH:MM YYYY (TZ)'' と表示される。 新しいメールがある場合は、 ``New mail received ...'', `` Unread since ...'' と表示される。

-p
finger の -l オプションで ``.plan '' ``.project '' ``.pgpkey '' ファイルの内容を表示させないようにする。
-m
ユーザー名 user のマッチをさせない。 通常、 user はログイン名とマッチされる。 しかし、 -m オプションが指定されない限り、ユーザーの本名ともマッチされる。 finger が行う名前のマッチでは、大文字と小文字は区別されない。

オプションが指定されていない場合に、引き数が与えられていると、 finger はデフォルトで -l 形式の出力をする。 また、引き数が与えられていないと、 デフォルトで -s 形式の出力をする。 情報が入手できないフィールドは、 どちらの形式においても表示されない点に注意すること。

引き数が与えられていない場合、 finger は現在システムにログインしている各ユーザーの情報を表示する。

finger はリモートマシン上のユーザーを調べる場合にも利用できる。 そのときには、 user を ``user@host '' または ``@host '' という形式で指定する。 前者の場合、デフォルトの表示は -l 形式である。 後者の場合、デフォルトの表示は -s 形式である。 -l オプションは、リモートマシンに渡される唯一のオプションである。

標準出力がソケットの場合、 finger は全てのラインフィード (^J) の前にキャリッジリターン (^M) を送る。 これは、 fingerd(8) によって起動されたときに、 リモートの finger からの問い合わせを処理するためである。  

ファイル

~/.nofinger
このファイルがユーザーのホームディレクトリにあると、 ローカルホスト外からの finger の問い合わせに対して、 そのユーザーがいないものとして必ず拒否する。 これを有効にするためには、 fingerd(8) によって起動された finger プログラムが .nofinger ファイルを読めなければならない。 一般的に言うと、このファイルのあるホームディレクトリに 他のユーザーの実行ビットセット (o+x) がなければいけないということである。 chmod(1) を参照すること。 この機能をプライバシーのために使いたい場合は、 信頼する前に万一に備えて、 ``finger @localhost'' でテストをすること。
~/.plan
~/.project
~/.pgp
これらのファイルは、詳細な形式での問い合わせの一部として表示される。 .project ファイルは 1 行に制限されるが、 .plan ファイルは全て表示される。

 

関連項目

chfn(1), passwd(1), w(1), who(1)  

履歴

finger コマンドは BSD 3.0 で登場した。


 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:33 GMT, March 14, 2017