PAPSTATUS

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 17 Dec 1991
Index JM Home Page roff page
 

名前

papstatus - AppleTalk で接続されたプリンタの状態を取得する  

書式

/usr/sbin/papstatus [ -d ] [ -p printer ] [ retrytime ]  

説明

papstatus は AppleTalk で接続されたプリンタから 現在の状態メッセージを取得するのに使われる。 状態情報の取得には プリンタアクセスプロトコル (Printer Access Protocol, PAP) が使われる。

コマンドラインでプリンタが指定されてない場合、 papstatus はカレントディレクトリの中の .paprc という名前のファイルを探し、 このファイルを読んでプリンタ名を取得する。 .paprc には object:type@zone という形式の単一の行がなければいけない。 ここで、 object, :type, @zone はオプションである。 typezone の前には、それぞれ `:' と `@' がなければいけない。 空行と `#' で始まる行は無視される。 typezone のデフォルトは、それぞれ LaserWriter とローカルホストのゾーンである。  

オプション

-d
デバッグモードを有効にする。追加情報が標準エラーに表示される。
-p printer
printer から状態を取得する (プリンタ名を見付けるために .paprc ファイルを参照しない)。 printer の書式は、上の .paprc ファイルで述べたものと同じである。
retrytime
通常、 papstatus はプリンタから 1 度しか状態を取得しない。 retrytime が指定されると、プリンタへの問い合わせの間に retrytime 秒間スリープして、繰り返し状態を取得する。
 

ファイル

.paprc
プリンタ名が書かれたファイル
 

関連項目

nbp(1), pap(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
ファイル
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, March 14, 2018