netatalk.conf

Section: File Formats (5)
Updated: 28 September 2000
Index JM Home Page roff page
 

名前

netatalk.conf - netatalk(8) が使う設定ファイル。一般的な設定をする

 

説明

/etc/netatalk/netatalk.conf は afpd が使う設定ファイルで、 Appletalk 経由でファイルシステムのどの部分を共有するかを決定する。 さらに、その動作も決定する。

# が先頭にない行が解釈される。 設定ファイルの行は以下のように構成される:

option = value

指定可能なオプションとその意味を以下に示す:

AFPD_GUEST
ゲストユーザーのシステム上でのローカルユーザー ID を設定する。

AFPD_MAX_CLIENTS
サーバーに同時に接続できる最大のクライアント数を設定する。

AFPD_RUN
このオプションを "yes" に設定すると、afpd デーモンが有効になる。 netatalk をファイルサーバーにしようとする場合は、 このオプションを有効にすべきである。

AFPD_UAM_LIST
afpd で使われるデフォルトの UAM (訳註: User Authentication Method, ユーザー認証法) を設定する (プリンタの認証が組み込まれている場合は、papd も含めた認証法を設定する)。

例: AFPD_UAMLIST="-U uams_guest.so,uams_randnum.so"

ATALK_BGROUND
"yes" にした場合は、netatalk の初期化をバックグラウンド行う。 "no" にした場合は普通に初期化する。

ATALK_NAME
マシンの Appletalk 名を設定する。

ATALK_ZONE
マシンの Appletalk ゾーンを設定する。

ATALKD_RUN
このオプションを "yes" に設定すると、afpd デーモンが有効になる。 Appletalk サービスを提供しようとする場合は、 このオプションを有効にすべきである。

PAPD_RUN
このオプションを "yes" に設定すると、papd デーモンが有効になる。 netatalk をプリンタサーバーにしようとする場合は、 このオプションを有効にすべきである。

 

関連項目

atalkd(8), atalkd.conf(5)


 

Index

名前
説明
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:33 GMT, March 14, 2017