MII-TOOL

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 2000/04/25 22:58:19
Index JM Home Page roff page

 

名前

mii-tool - メディアに依存しないインターフェースの状態を閲覧・操作する

 

書式

mii-tool [-v, --verbose] [-V, --version] [-R, --reset] [-r, --restart] [-w, --watch] [-l, --log] [-A, --advertise=media,...] [-F, --force=media] [interface ...]

 

説明

このユーティリティは、ネットワークインターフェースの Media Independent Interface (MII, メディアに依存しないインターフェース) ユニットの 状態を調査・設定する。 ファストイーサーネット (fast ethernet) アダプタの多くは、 リンク速度とデュプレクス (duplex) 設定を 自動ネゴシエーションするために MII を使う。

インテリジェントネットワークデバイスの多くは、 どのようなメディア技術がサポートされているかを通信し、 共通にサポートされている最速のメディア技術を選択するために、 自動ネゴシエーションプロトコルを使う。 -A--advertise オプションは、 MII に対して機能の一部のみを告知させるようにするために使われる。 単一スピードのハブのようなパッシブなデバイスのなかには、 自動ネゴシエーションができないものがある。 このようなデバイスに対処するため、 MII プロトコルでは、 10baseT と 100baseT のリンク速度のどちらであるかを単純に検知して、 リンクを確立することができる。 -F--force オプションは、 MII に対して、自動ネゴシエーションをさせるのではなく、 強制的に 1 つのモードで動作させるようにする。 -A-F オプションは互いに排他的である (同時に指定することはできない)。

デフォルトの簡単な出力では、 各インターフェースについて、 ネゴシエーションされたリンク速度とリンク状態が表示される。 インターフェースがコマンドラインで指定されていない場合、 mii-tooleth0eth7 のうち 使用可能な全てのインターフェースを調べる。  

オプション

-v, --verbose
より詳細な MII 状態の情報を表示する。 このオプションを 2 個指定した場合、 MII レジスタのそのままの内容も表示する。
-V, --version
プログラムのバージョン情報を表示する。
-R, --reset
MII をデフォルトの設定にリセットする。
-r, --restart
自動ネゴシエーションを再スタートさせる。
-w, --watch
インターフェースを監視し、リンク状態を報告させる。 MII インターフェースは 1 秒ごとに poll される。
-l, --log
-w とともに使用すると、 リンク状態の変更を標準出力でなくシステムログに記録する。
-F media, --force=media
自動ネゴシエーションを無効にして、 MII を強制的に 100baseTx-FD, 100baseTx-HD, 10baseT-FD, 10baseT-HD のいずれかで動作させる。
-A media,..., --advertise=media,...
自動ネゴシエーションを有効にして、再スタートさせる。 さらに、指定したメディア技術のみが使用可能なことを告知する。 複数のメディア技術を指定する場合は、コンマで区切らなけらばならない。 指定可能なメディア技術は、 100baseT4, 100baseTx-FD, 100baseTx-HD, 10baseT-FD, 10baseT-HD である。
 

著者

David Hinds - dhinds@pcmcia.sourceforge.org
Donald Becker - becker@scyld.com


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:33 GMT, March 14, 2017