KDSTAT

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: Debian GNU/Linux
Index JM Home Page roff page
 

名前

kdstat - kerneld の内部状態の表示・変更を行うプログラム  

書式

kdstat
kdstat [debug|nodebug]
kdstat [keep|nokeep]
kdstat flush
kdstat delay=<time>  

説明

このマニュアルページは kdstat について記述する。このプログラムは kerneld のデバッグに用いる。 これを使うと、実行中の kerneld の内部状態を閲覧 (及び変更) できる。  

オプション

kdstat は実行中常に kerneld の現在の状態を表示する。 適切なオプションを与えれば、もっといろいろなことができる。 利用できるオプションを以下で説明する。
debug, nodebug
kerneld のデバッグモードを on/off する。 on にすると、 kerneld は実行内容をコンソールに表示する。
keep, nokeep
モジュールの keeping を on/off する。 off にする (デフォルト) と、 モジュールは一定時間利用されない状態が続くとアンロードされる。 利用されるタイムアウトの詳細は delay を見よ。
flush
kerneld との通信に用いる IPC メッセージキューをフラッシュする。
delay=<time>
kerneld がモジュールをカーネルから削除する前に待つタイムアウト時間を変更する。
 

関連項目

modutils(2), kerneld(8)  

著者

このマニュアルページは Wichert Akkerman <wakkerma@debian.org> が Debian GNU/Linux システム向けに書いた。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017