rmmod

Section: Maintenance Commands (8)
Index JM Home Page roff page
 

名前

rmmod --- Linux カーネルからモジュールを削除する単純なプログラム  

書式

rmmod [-f] [-w] [-s] [-v] [modulename]  

説明

rmmod はモジュールをカーネルから削除する 取るに足らないプログラムである。 ほとんどのユーザは rmmod よりも、 modprobe(8)-r オプションを付けて使いたいと思うだろう。
   

オプション

-v --verbose
プログラムが何をしているかに関するメッセージを表示する。 通常、 rmmod は何かまずいことが起こった場合に限って メッセージを表示する。
 
-f --force
このオプションは非常に危険である。 カーネルがコンパイルされるとき、 CONFIG_MODULE_FORCE_UNLOAD がセットされていなければ何も起きない。 このオプションを使うと、 使用中のモジュールや、 削除されるように設計されていないモジュール、 削除が安全でないとマークされているモジュールを削除することができる (lsmod(8) を参照) 。
 
-w --wait
通常、 rmmod は 使用中のモジュールのアンロードは拒否する。 このオプションを使うと、 rmmod はモジュールを隔離し、 モジュールが使用中でなくなるまで待つ。 新たにそのモジュールを使うことはできないが、 現在のユーザが使用をやめるかどうかはあなた次第である。 使用カウントに関する情報は lsmod(8) を参照。
 
-s --syslog
エラーを標準エラーではなく、 syslog に送る。
 
-V --version
プログラムのバージョンを表示し、終了する。 古いカーネルで実行する場合の注意については下を参照。
 
 

下位互換性

このバージョンの rmmod は、 カーネル 2.5.48 およびそれ以降のためのものである。 古い形式のモジュールに対応したカーネルを検出すると (そのためのほとんどの処理はユーザ空間で行なわれる) 、 その場で rmmod.old を実行しようとする。 そのため、ユーザは全く意識しなくてよい。
   

著作権

このマニュアルページの著作権表示は Copyright 2002, Rusty Russell, IBM Corporation.
   

関連項目

modprobe(8), insmod(8), lsmod(8), rmmod.old(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
下位互換性
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017