forward

Section: User Commands (1)
Updated: 1999 February 14
Index JM Home Page roff page
 

名前

forward - 任意のソケットを安全で圧縮された経路にフォワードする  

書式

forward
[-h, --help]
[-v, --verbose]
[-V, --version]
[-p, --password password]
[--netrc]
[--no-netrc]
[--secure]
[-z, --gzip]
[-K, --key-size bits]
[user@]machine1[:port1]
machine2:port2
listen_port  

説明

forward はローカルマシンの listen_port で待ち受ける。接続を受信すると、その接続を secure-mcserv(1) デーモンが既に動作しているはずの machine1 ヘとフォワードする。すると secure-mcserv デーモンは machine2 のポート port2 に接続する。そしてすべてのトラフィックは、 透過的に listen_portmachine2port2 の間をフォワードされる。

ローカルマシンの listen_portmachine2port2 との間の接続は、 --secure オプションと --gzip オプションで変更できる。このように、 forward はあらゆるサービスに対して、安全性あるいは圧縮を付加できる。  

オプション

すべてのオプションは mirrordir と同様である。詳細は mirrordir(1) を見てほしい。ただし --debugforward がバックグラウンドのデーモンへフォークするのを妨げる意味しか持たない。  

私はこれらを試していないが、論理的には正しいと思う。 どこかでタイプミスをしていたら、私に知らせてほしい。

プリントサーバ A が LAN にある。 この LAN にはマスカレードサーバ B があり、 LAN をインターネットにつないでいる。 B はインターネットと A の両方を見ることができる。 ある別のサイトで、JohnD というマシンを持っており、 これはマスカレードサーバ C を通してインターネットにつながっている。 BD は、インターネット越しでしかお互いを見ることはできない。 John は lpr を D で起動し、 印刷を A に出力させたい。 また BC の間の経路を圧縮させ、 (1024 ビットの鍵交換で) 暗号化させたい。

手順は以下のようになる (515 はプリンタのポート):
    A# lpd &
    B# secure-mcserv -d -p 12345
~/.netrc に john の B におけるパスワードのエントリを追加する。そして
    C# forward john@B:12345 A:515 515 --secure -K 1024 -z
/etc/printcap に C のプリンタ x のエントリを追加する。そして
    D# lpr -Px mydocument

同僚の John が嫌いな Jill が、 X セッションのスクリーンダンプを表示する場合を考える。 彼女は安全な X セッションを、サーバ A と メインフレーム B の間に作りたい。

手順は以下のようになる (6010 は display 10.0 に対応する):
    A# X &
    A# secure-mcserv -d -p 12345
~/.netrc に jill の A におけるパスワードのエントリを追加する。そして
    B# forward jill@A:12345 A:6000 6010 --secure -K 1024
    B# export DISPLAY=localhost:10.0
    B# fvwm &
 

テスト済みサービスのリスト

telnet ログイン、X セッション、プリンタ (lpr) サービス、 http、pop3 接続はテストされ、動作が確認されている。 ftp はソケットのバインドが妙 (?) なのでフォワードできない。 他に動作したものがあったら知らせてほしい。 ほとんどのものは動作するはずだが。  

バグ

mirrordir(1) の バグ セクションも見てほしい。 帯域外データ (recv(2) と send(2) の MSG_OOB) は暗号化も圧縮もされない。修正されず、プレインテキストで送信される。 これをセキュリティ上のリスクだと考える方は、 私に知らせてほしい。何らかの対応をしたいと思う。

rlogin(1) での画面サイズ変更 (の検知?) は動作しないようだ。しかし telnet(1) では問題ない。これは OOB データが正しく送られないことと関連しているに違いない。 しかし問題点を発見するために rlogin, rlogind, forward, secure-mcserv を同時にデバッグするのは、私は気がすすまない。 チャレンジしてみたい人は、どうか頑張ってほしい。  

ファイル

~/.netrc
マシンとそのパスワードのリスト。
 

標準

mirrordir は作成者の発明であり、 いかなる OS の標準にも従っていない。  

入手方法

このプログラムの最新版は、 ftp://metalab.unc.edu/pub/Linux/system/backup または ftp://lava.obsidian.co.za/pub/linux/mirrordir から入手できる。  

著者

Paul Sheer <psheer@obsidian.co.za> <psheer@icon.co.za>  

関連項目

mirrordir(1), pslogin(1), ssh(1)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
テスト済みサービスのリスト
バグ
ファイル
標準
入手方法
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, March 14, 2018