MAKEWHATIS

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: September 19, 2005
Index JM Home Page roff page
 

名前

makewhatis - whatis データベースを生成する  

書式

makewhatis [-u] [-v] [-s sections ] [-w] [manpath] [-c [catpath]]  

説明

makewhatismanpath 中の sections にある全てのマニュアルページや、 catpath 中の sections にある全ての整形済みページを読み込む。 それぞれのページに対し、 makewhatis は一行の情報を whatis データベースに書き込む。 各行にはページの名前と簡単な説明が、ダッシュ (-) で区切られたかたちで 記述される。説明はマニュアルページの NAME (名前・名称) セクション の内容から抽出される。

言語によって NAME セクションの見出しに使う用語が異なっている。 そこで makewhatis は英語の NAME に相当する、チェコ語、イタリア語、フィンランド語、フランス語、 ドイツ語、スペイン語の単語を認識するようになっている。 (訳注: JM にある日本語パッチを当てた makewhatis は、 日本語のタイトルに対応しています。)

manpath 引数が指定されなければ、デフォルトの /usr/man を用いる。  

オプション

-u
データベースを新しいページの情報で更新する。
-v
饒舌な出力をする。
-w
manpath を `man --path` で得られる値にする。
-s sections
manpath または catpathsections を見る。 このオプションを省略すると、MANSECT 環境変数が用いられる。 MANSECT 環境変数も設定されていない場合は、man.conf にある MANSECT の 設定が用いられる。
-c catpath
catpath に置かれた整形済みのマニュアルページをスキャンする。 このオプションの引数を省略すると、 /usr/man/preformat/usr/man のうち、存在する最初のディレクトリを引数に指定したとみなされる。
 

/usr/X11R6/man/whatis/usr/local/man/whatis だけを再構築する。

makewhatis /usr/X11R6/man /usr/local/man

フィンランド語、フランス語、イタリア語の翻訳を含め、 全てのデータベースを再構築する。

LANGUAGE=fi:fr:it makewhatis -w
 

バグ

makewhatis は、マニュアルページが、 Tcl/Tk のそれのように、 標準的ではない troff マクロで記述されていると、そうしたページを あまり上手に処理できないかもしれない。

makewhatis は翻訳版の整形済みページを処理できない。  

作者

man パッケージの原作者は John W. Eaton である。 Zeyd M. Ben-Halim が man 1.2 をリリースし、引き続いて Andries Brouwer が versions 1.3 から 1.5p までをリリースした。 現在のメンテナーは Federico Lucifredi <flucifredi@acm.org> である。  

関連項目

apropos(1), man(1), whatis(1)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
バグ
作者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017