MANLINT

Section: Linux Programmer's Manual (1)
Updated: 14 July 1999
Index JM Home Page roff page
 

名前

manlint - man ページや mdoc ページのエラーを報告するプログラム  

書式

manlint [ options ] [ list of files ]  

説明

manlint は、マクロパッケージ man や mdoc を使用したページ整形中の lint (エラー) を 見つけ出すプログラムである。 言わば、通常のテキストに対するスペルチェッカーのようなものだ。 manlint は許可されるマクロとエスケープシーケンスの一覧を持ち、 許可されるリストにないマクロやエスケープシーケンスが 使用されていれば、それを報告する。 許可されるリストには、 man(7) と mdoc(7) で定義される全てのマクロと、 man(7) で定義される troff の安全なサブセットが含まれる。 manlint は、整形ページが様々なルールに従っているかもチェックする。

ある man ページが manlint のチェックを通るようなら、そのページは可搬性が高いと考えられる。 troff の全てを実装しているわけではない man2html(1) のようなツールでも使うことができるはずだ。

ファイルのリストを省略した場合は、標準入力を使う。 "-" という名前のファイルは標準入力として解釈される。  

バグ

現在のところ、このプログラムは非常に不完全である。 オプションはなく、実際にはエスケープシーケンスをチェックしない。 また mdoc フォーマットを処理できない。 しかし、このプログラムが何をすべきかは明らかであり、 現在の状態でも既存の man ファイルにある多くの問題を見付けることができる。  

作者

manlint の原作者は David A. Wheeler (dwheeler@ida.org) である。 現在のメンテナーは Federico Lucifredi <flucifredi@acm.org> である。  

関連項目

man(7), mdoc(7).


 

Index

名前
書式
説明
バグ
作者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:31 GMT, March 14, 2018