manpath

Section: /etc/manpath.config (5)
Updated: July 12th, 1995
Index JM Home Page roff page
 

名前

manpath - /etc/manpath.config ファイルのフォーマット  

説明

manpath 設定ファイルは、マニュアルページのユーティリティによって用いら れる。ユーザの manpath を実行時に評価したり、どのマニュアルページ系列 (hierarchy) すなわち manpath を `global' として扱うかを判断したり、 どのディレクトリを cat ファイルを保管するディレクトリとして用いるかを 決定するために用いられる。

環境変数 $MANPATH がすでに設定されている場合には、 /etc/manpath.config に含まれている 情報はそれを上書きしない。  

フォーマット

現在のところ、以下のフィールドタイプが認識される。
# comment
空行や # で始まる行はコメントとみなされ、無視される。
MANDATORY_MANPATH manpath_element
この形式の行は、自動的に生成される $MANPATH には必ず含まれているべき manpath を示す。 /usr/man などが典型である。
MANPATH_MAP path_element manpath_element
この形式の行は PATH から $MANPATH へのマッピングを設定する。それぞれの path_element がユーザの $PATH に含まれていると、 manpath_element が $MANPATH に追加される。
MANDB_MAP manpath_element [ catpath_element ]
この形式の行は、どの manpath を `global' として扱い、またそれらの cat ページをどこに保存するかを指定する (後半は省略可)。この形式のフィール ドは、 man が setuid されたプログラムである場合に特に重要である。なぜなら、これは どの系列を setuid されたユーザー権限でアクセスし、どれを起動ユーザーの 権限でアクセスするかを指定することになるからである。

`global' なマニュアルページの系列は、通常 /usr 以下に保管されている。例えば /usr/man, /usr/local/man, /usr/X11R6/man などがこれにあたる。

特定の manpath_element からの cat ページは保管したくない場合や、伝統的な位置に保管したい場合には、 catpath_element は省略する。

伝統的な cat の場所は、リードオンリーでマウントされているマニュアルペー ジの系列下にすることはできない。この理由から、これらの保管場所としては、 任意のディレクトリ系列を指定することが可能になっている (もちろん指定した ディレクトリは有効なものでなければならない)。 Linux FSSTND に従う場合には、 キーワード `FSSTND' を実際のディレクトリ名の代わりに用いることができる。

残念ながら、 `global' な man のツリーパスはすべて指定しなければならない。 他のシステムパス ( /usr/man/sun のようなもの) やすべての NLS ロケール パス ( /usr/man/de_DE.88591 のようなもの) も、それぞれすべて指定する必要がある。

情報は書かれた順に一行ずつ評価されるので、他の系列のサブツリーとなって いるような manpath は先に書かなければならない。さもないと、マッチが正 しく行われない可能性がある。例えば /usr/man/de_DE.88591/usr/man より先に来なければならない。

 

バグ

上記のルールが正しく守られない場合には、マニュアルページャーの機能は 正しく動作しない。これらのルールは不必要に難しい。


 

Index

名前
説明
フォーマット
バグ

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017