LPC

Section: Maintenance Commands (8)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
BSD 4.2  

名前

lpc - ラインプリンタ制御プログラム  

書式

lpc [command [argument ... ] ]  

説明

Lpc はシステム管理者用のツールで、ラインプリンタシステムを制御するために用いられる。 /etc/printcap で設定されている各ラインプリンタに対し、 lpc は以下のことに利用できる :

引数を省略すると、 lpc はプロンプトを出して、標準入力からコマンドを受け付ける。 引数が与えられると、 lpc は最初の引数をコマンドとして解釈し、 残りの引数をコマンドに対するパラメーターとして解釈する。 標準入力はリダイレクトしてもよく、そうすると lpc はファイルからコマンドを読み込む。 コマンドは短縮してもよい。 以下は指定できるコマンドの一覧である。

? [ command ...
help [ command ...
引数リストで指定された各コマンドの簡潔な説明を表示する。 引数が与えられていないときは、指定できるコマンドの一覧を表示する。

abort { all | printer}
ローカルホストのアクティブなスプーリングデーモンをただちに停止させる。 そして、指定されたプリンタでは印刷できないようにする(新しいデーモンが lpr によって起動されないようにする)。

clean { all | printer}
印刷されることのない(つまり、完全なプリンタジョブの形にはなっていない)すべての 一時ファイル・データファイル・制御ファイルを、 ローカルマシンの指定されたプリンタキューから削除する。

disable { all | printer}
指定されたプリンタキューを止める。 lpr は、新しいプリンタジョブをキューへ投入できなくなる。

down { all | printer } message ...
指定されたプリンタのキューを止め、印刷できないようにし、 message をプリンタのステータス(状態)ファイルに書き込む。 メッセージ(message)を引用符で囲む必要はないが、その場合残りの引数は echo(1) と同様に扱われる。 これは通常、プリンタの運転を止め、その理由( lpq(1) は、プリンタが停止していることを示し、ステータスメッセージを表示する) を他の人たちに知らせるために使われる。

enable { all | printer}
指定されたプリンタのローカルキューにおけるスプーリングを可能にする。 これにより lpr(1) は、新しいジョブをスプールキューへ投入できるようになる。

exit
quit
lpc の処理を終了する。

restart { all | printer}
新しいプリンタデーモンを起動しようと試みる。 これは、デーモンが何らかの異常状態に陥って、キューにジョブを残したまま 突如死んでしまった場合に有用である。 この状態に陥ると、 lpq はデーモンが存在しないと報告する。 (lpqを動かした)ユーザーがスーパーユーザーならば、 まず現在のデーモンを停止させてみよ (つまり、問題となっているデーモンを殺し、再起動させよ)。

start { all | printer}
指定されたプリンタでの印刷を可能にし、スプーリングデーモンを起動させる。

status { all | printer}
ローカルマシン上のデーモンとキューの状態を表示する。

stop { all | printer}
現在のジョブが完了した後、スプーリングデーモンを停止させ、 印刷できないようにする。

topq printer [ jobnum ... ] [ user ...]
指定されたジョブを、指定された順序で、プリンタキューの先頭に配置する。

up { all | printer}
すべてを使用可能にして新しいプリンタデーモンを起動させる。 down の効果を無効にする。
 

ファイル

/etc/printcap
プリンタ記述ファイル
/var/spool/*
スプールディレクトリ
/var/spool/*/lock
キュー制御のためのロックファイル

 

関連項目

lpd(8), lpr(1), lpq(1), lprm(1), printcap(5)  

返り値

?Ambiguous command
コマンドの短縮形が 1 個以上のコマンドとマッチしている
?Invalid command
コマンドが見つからなかった
?Privileged command
このコマンドを実行するには "operator" グループのメンバーか root でなければならない

 

履歴

コマンドは BSD 4.2 で登場した。


 

Index

名前
書式
説明
ファイル
関連項目
返り値
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017