PRINTCAP

Section: File Formats (5)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
BSD 4.2  

名前

printcap - プリンタ ケイパビリティ データベース  

書式

printcap  

説明

printcap termcap(5) データベースを簡単にしたものであり、ラインプリンタを記述するのに使われる。 スプーリングシステムは、使用されるたびに printcap ファイルにアクセスし、プリンタの動的な追加と削除を可能にしている。 データベースにおける各エントリは、1 つのプリンタを記述するのに使われる。 このデータベースは書き込み可能にしておいてはならない( termcap データベースは普通書き込み可能になっている)。 なぜなら、それによってアカウンティング(accounting)をすり抜けることが 可能になってしまうからである。

通常、デフォルトプリンタは lp である。ただし、環境変数 PRINTER が設定されていれば、そちらが優先される。 各スプーリングユーティリティは、目的のプリンタを明示的に指定できるよう、 オプション -P printer をサポートしている。

ある特定のプリンタに対するこのデータベースの設定の詳細は "4.3 BSD Line Printer Spooler Manual" を参照せよ。  

ケイパビリティ

ファイルレイアウトの説明については termcap(5) を参照せよ。

Name   Type    Description

"af        str" Ta NULL Ta アカウントファイル名
"br numnonelp が tty の場合, そのボーレートを設定する"
( ioctl(2) コール)
"cf     str" Ta NULL Ta cifplot データ用フィルタ
"df       str" Ta NULL Ta tex データ
( DVI フォーマット)
用フィルタ
"fc     num     0       lp が tty の場合, フラグビットをクリアーする"
(sgtty.h )
"ffstr" Ta So \f Sc Ta 改ページ(form feed) のために送信する文字列
"foboolfalseデバイスオープン時に改ページ(form feed)を印刷する"
"fsnum0`fc' と同様だが、こちらはビットをセットする"
"gfstr" Ta NULL Ta グラフデータ用フィルタ
( plot(3) フォーマット )
"hl     bool    false   最後にバーストヘッダーページを印刷する"
"ic bool    falseドライバはインデント付き印刷のために (非標準の) ioctl をサポートする"
"ifstr" Ta NULL Ta アカウントのためのテキストフィルタ名
"lfstr" Ta /dev/console Ta エラーログファイル名
"lostr" Ta lock Ta ロックファイル名
"lpstr" Ta /dev/lp Ta 出力に対してオープンするデバイス名
"mxnum1000最大ファイルサイズ ("
BUFSIZ ブロックの数で指定), 0 = 制限なし
"nd     str" Ta NULL Ta キューリストのための次のディレクトリ (未実装)
"nfstr" Ta NULL Ta ditroff データ(デバイス非依存 troff)用フィルタ

"of     str" Ta NULL Ta 出力フィルタプログラム名
"pc   num     200     1 フィートもしくは 1 ページあたりの価格(1/100 セント単位)"
"plnum66ページ長 (行数)"
"pwnum132ページ幅 (文字数)"
"pxnum0ピクセル単位でのページ幅 (水平方向)"
"pynum0ピクセル単位でのページ長 (垂直方向)"
"rfstr" Ta NULL Ta
FORTRAN スタイルのテキストファイルを印刷するためのフィルタ
"rg     str" Ta NULL Ta 制限グループ。このグループのメンバーのみアクセスが許される
"rmstr" Ta NULL Ta リモートプリンタのためのマシン名
"rpstr``lp''リモートプリンタ名引数"
"rsboolfalseローカルにアカウントをもったリモートユーザに限定する"
"rwboolfalse読み書きのためにプリンタデバイスをオープンする"
"sbboolfalseショートバナー(short banner) (1 行のみ)"
"scboolfalse複数コピーを抑制する"
"sdstr" Ta /var/spool/lpd Ta スプールディレクトリ
"sfboolfalse改ページ(form feed)を抑制する"
"shboolfalseバーストページヘッダーの印刷を抑制する"
"ststr" Ta status Ta ステータスファイル名
"tfstr" Ta NULL Ta troff データ(cat 写植)用フィルタ

"tr     str" Ta NULL Ta キューが空の場合に印刷するための後書き文字列(trailer string)
"vfstr" Ta NULL Ta ラスタイメージ(raster image)用フィルタ

ローカルのラインプリンタドライバが字下げをサポートしているならば、
デーモンはその方法を理解できなければならない。  

フィルタ

lpd(8) デーモンは、さまざまなプリンタのタイプに応じてファイルを処理するために、 filters (フィルタ) のパイプラインを構築している。 選択されるフィルタは、 lpr(1) へ渡されるフラグに依存している。 パイプラインの構築は、次のようになる :
p       pr | if 通常テキスト + pr(1)
none    if      通常テキスト
c       cf      cifplot
d       df      DVI (tex)
g       gf      plot(3)
n       nf      ditroff
f       rf      Fortran
t       tf      troff
v       vf      ラスタイメージ(raster image)

if フィルタは、次の引数とともに呼び出される:

if [-c ] -w width -l length -i indent -n login -h host acct-file

-c フラグは、 lpr に -l フラグ(制御文字を文字としてそのまま通す)が指定してある時に限って渡される。 widthlength は、ページの幅と長さ(それぞれ pwpl から得られる)を文字数で指定する。 -n と -h はそれぞれ、ジョブ所有者のログイン名とホスト名を指定する。 acct-file は、 printcapaf エントリから渡される。

if が指定されていない場合は、 代わりに of が使用される。これらの間には、 if がそれぞれのジョブに対して毎回オープンされるのに対し、 of は 1 回しかオープンされないという違いがある。 したがって、アカウンティング(accounting)を行なうには if の方が適している。 of には、 widthlength の 2 つのフラグが与えられるだけである。

他のすべてのフィルタは、次のようにして呼び出される:

filter -x width -y length -n login -h host acct-file

ただし、 widthlength はピクセル単位で表され、それぞれ px エントリと py エントリによって指定される。

すべてのフィルタは、そのファイルとして stdin (標準入力)を、プリンタとして stdout (標準出力)をとる。そのログは、 stderr (標準エラー出力)に対して、もしくは syslog(3) を使ってとられる。また、 SIGINT を無視することは許されない。  

ロギング(LOGGING)

ラインプリンタプログラム自身 (つまり、 lpNs* プログラム) によって生成されたエラーメッセージは、 LPR を使うことで syslog(3) によって記録される。 フィルタのうちの 1 つの stderr (標準エラー出力) 上に印刷されたメッセージは、それに対応する lf ファイルへと送られる。 もちろん、フィルタはそれ自身で syslog を使ってもかまわない。

コンソールへ送られるエラーメッセージには、改行(LF)だけではなく、 復帰(CR)と改行(LF)が追加される。  

関連項目

termcap(5), lpc(8), lpd(8), pac(8), lpr(1), lpq(1), lprm(1)
"4.3 BSD ラインプリンタスプーラーマニュアル"
 

履歴

ファイルフォーマットは、 BSD 4.2 で登場した。


 

Index

名前
書式
説明
ケイパビリティ
フィルタ
ロギング(LOGGING)
関連項目
履歴

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017