本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

LPTEST

Section: User Commands (1)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
 

名称

lptest - ラインプリンタのテスト用のパターンを出力する  

書式

[length ] [count ]  

解説

は、伝統的な ``リプルテスト'' (ripple test) パターンを標準出力に書きます。 このパターンは 96 行におよび、表示可能な ASCII 96 文字すべてを各位置に出力することになります。 もともとはプリンタのテストのために作られたものですが、 端末や端末ポートのデバッグ、ランダムなデータがすぐに必要な 場合などにも大変有効です。

length 引数は、出力の 1 行の長さがデフォルトの 79 ではふさわしくない場合に 指定します。

count 引数は、行数がデフォルトの 200 ではふさわしくない場合に指定します。 count を指定したい場合は length も指定しなければならない点に注意してください。  

歴史

コマンドは BSD 4.3 から登場しました。


 

Index

名称
書式
解説
歴史

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017