MODINFO

Section: modinfo (8)
Updated: 2021/01/29
Index JM Home Page roff page
 

名前

modinfo - Linux カーネルモジュールに関する情報を表示する  

書式

modinfo [-0] [-F field] [-k kernel] [modulename|filename...]
modinfo -V
modinfo -h
 

説明

modinfo は、 コマンドラインから与えられた Linux カーネルモジュールから、 その情報を抽出します。 モジュール名がファイル名でない場合は、 /lib/modules/version ディレクトリが検索されます。 これはカーネルモジュールがロードされる際に modprobe(8) によっても行われます。

modinfo がモジュールの各属性を一覧表示するにあたって、 デフォルトでは、 読みやすさを考慮して fieldname : value という形式の出力を行います。 ファイル名も同様にして一覧出力されます (ただしファイル名は、 実際の属性ではありません)。

modinfo の本バージョンでは、 どのような Linux カーネルアーキテクチャーのモジュールでも解釈します。  

オプション

-V, --version

modinfo のバージョンを表示します。

-F, --field

指定された項目値だけを 1 行ずつに表示します。 これはスクリプト内で用いる際に便利です。 項目名は、 大文字小文字を区別します。 一般的な項目は (すべてのモジュールに含まれるわけではないですが)、 著者 (author)、 説明 (description)、 ライセンス (license)、 引数 (param)、 依存モジュール (depends)、 エイリアス (alias)、 依存モジュールの項目、 です。特別な項目としてファイル名があり、 モジュールのファイル名を一覧表示します。

-b basedir, --basedir basedir

モジュールのルートディレクトリ。 デフォルトは / です。

-k kernel

実行中のカーネルではない、 別のカーネルに関する情報を表示します。 これが必要になるのは、 ディストリビューションにおいて、 新たにインストールされた (まだ稼働していない) 一連のカーネルモジュールについて、 そこからの情報を取得する場合です。 たとえば、 新たなカーネルにおける種々のモジュールに対して、 必要となるファームウェアファイルは何であるのかを調べたいような場合です。 その場合には、 起動時に initrd/initramfs イメージの読み込みを行わなければならないためです。

-0, --null

項目値の区切りとして、 改行文字ではなく ASCII ゼロ文字を用います。 これはスクリプト内で用いる際に便利です。 理論的には、 改行文字が項目内に含まれる場合があるためです。

-a --author, -d --description, -l --license, -p --parameters, -n --filename

これは --field フラグにおける各引数、 つまり author, description, license, parm, filename に対するショートカットです。 かつての modutils の modinfo を使っていた方が、 扱いやすくなるようにしたものです。
 

著作権

この man ページの元々の著作権表記は Copyright 2003, Rusty Russell, IBM Corporation です。 現在は Jon Masters その他が保守を行っています。  

関連項目

modprobe(8)  

著者

Jon Masters <jcm@jonmasters.org>

開発者

Lucas De Marchi <lucas.de.marchi@gmail.com>

開発者


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著作権
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 07:09:00 GMT, June 24, 2022