IPTABLES-RESTORE

Section: iptables 1.4.21 (8)
Updated:
Index JM Home Page roff page
 

名前

iptables-restore --- IP テーブルを復元する

ip6tables-restore --- IPv6 テーブルを復元する  

書式

iptables-restore [-chntv] [-M modprobe]

ip6tables-restore [-chntv] [-M modprobe] [-T name]  

説明

iptables-restoreip6tables-restore は標準入力で指定されたデータから IP/IPv6 テーブルを復元するために使われる。 ファイルから読み込むためには、 シェルで提供されている I/O リダイレクションを使うこと。

-c, --counters
全てのパケットカウンタとバイトカウンタの値を復元する。
-h, --help
簡潔なオプション一覧を表示する。
-n, --noflush
これまでのテーブルの内容をフラッシュしない。 指定されない場合、 どちらのコマンドもこれまでの各テーブルの内容を全てフラッシュ (削除) する。
-t, --test
ルールセットの解釈と構築のみを行い、適用は行わない。
-v, --verbose
ルールセットの処理中に追加のデバッグ情報を表示する。
-M, --modprobe modprobe_program
modprobe プログラムのパスを指定する。デフォルトでは、 iptables-restore は /proc/sys/kernel/modprobe の内容を確認して実行ファイルのパスを決定する。
-T, --table name
入力ストリームに他のテーブルの情報が含まれている場合でも、指定されたテーブルについてのみ復元を行う。
 

バグ

iptables-1.2.1 リリースでは知られていない。  

作者

Harald Welte <laforge@gnumonks.org> は Rusty Russell のコードを元に iptables-restore を書いた。
Andras Kis-Szabo <kisza@sch.bme.hu> は ip6tables-restore に貢献した。  

関連項目

iptables-save(8), iptables(8)

より多くの iptables の使用法について 詳細に説明している iptables-HOWTO。 NAT について詳細に説明している NAT-HOWTO。 内部構造について詳細に説明している netfilter-hacking-HOWTO。


 

Index

名前
書式
説明
バグ
作者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017