UNIQ

Section: User Commands (1)
Updated: 7 October 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

uniq - ソートされたファイルから重なった行を削除する  

書式

uniq [<+|->N] [-ciduD] [-f N] [-s N] [-w N] [--all-repeated[={prepend,separate,none}]] [--check-chars=N] [--count] [--ignore-case] [--repeated] [--skip-chars=N] [--skip-fields=N] [--unique] [INFILE [OUTFILE]]

uniq [--help] [--version]  

説明

uniq は指定された INFILE にあるユニークな (=他と内容の重ならない) 行を標準出力 (OUTFILE が指定されていたらそれ) に書き出す。 INFILE が与えられなかったり `-' だった場合には、標準入力が用いられる。

デフォルトでは、 uniq はソートされたファイルにあるユニークな行を表示する。 つまり複数の行が同一な内容を持つ場合は、1 行だけ表示して残りは捨てる。 オプションで指定すると、1 回しか現われない行だけを表示したり、 複数回現われる行だけを表示することもできる。

uniq に与える入力はソートされていなければならない。 入力がソートされていない場合は、 `sort -u' を使うのが良いだろう。

-N, -f N, --skip-fields=N
同一行かどうかの判断を行う前に NFR 個のフィールドをスキップする。 フィールドとは空白とタブ以外の文字からなる文字列で、 フィールド間は 1 つ以上の空白かタブで区切られる。 短いオプション形式 - は推奨されない。
+N, -s N, --skip-chars=N
同一行かどうかの判断を行う前に NFR 個の文字をスキップする。 フィールドスキップと文字スキップのオプションを両方指定した場合は、 フィールドスキップが先に行われる。 短いオプション形式 + は推奨されない。
-c, --count
それぞれの行が何回現われたかを行の内容とともに表示する。
-i, --ignore-case
比較の際に英大文字小文字の違いを無視する。
-d, --repeated
同じ内容が 2 行以上あるものだけを出力する。
-u, --unique
1 回しか現われない行だけを出力する。
-w N, --check-chars=N
行を比較するとき、各行の N 個の文字だけを使う。 これはフィールドや文字のスキップを行った後の数である。 デフォルトでは、スキップ後残った文字すべてが比較の対象にされる。
-D, --all-repeated[={prepend,separate,none}]
重複行をすべて表示し、重複しなかった行は表示しない。 prepend が指定された場合、重複した行のグループの前に改行を出力する。 separate は、最初のグループの前に改行を出力しない以外は、 prepend と同じである。 このオプションは、主に他のオプションと組み合わせて使う。 例えば大文字小文字を無視して比較したり、 特定のフィールドだけで比較するような場合である。 このオプションは GNU による拡張である。
--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

注意

プログラムのバグについては bug-textutils@gnu.org に報告してください。
man ページは Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が作成しました。


 

Index

名前
書式
説明
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:30 GMT, March 14, 2018