TAC

Section: User Commands (1)
Updated: 7 October 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

tac - ファイルを結合して逆順に表示する  

書式

tac [-br] [-s SEPARATOR] [--before] [--regex] [FILE...]

tac [--help] [--version]  

説明

tac は指定されたファイルの内容を標準出力に書き込む。 その際、レコードを逆順にする (レコードのデフォルトは行単位)。 FILE が一つも与えられないと標準入力から読み込む。また FILE が `-' だった場合には、そのファイルには標準入力が用いられる。

レコードはセパレータ文字列によって分離される (デフォルトは改行文字)。 デフォルトでは、セパレータ文字列は (入力ファイル中で後置されていた) レコードの最後に付加されて出力される。

DOS プラットフォームでは、 tac はファイルをバイナリモードで読み込む。詳細は cat(1) を見よ。  

オプション

-b, --before
セパレータ文字列を (入力ファイル中で前置されていた) レコードの先頭に付加する。
-r, --regex
セパレータ文字列を正規表現として取り扱う。
-s SEPARATOR, --separator=SEPARATOR
改行文字の代わりに、 STRING をレコードのセパレータに用いる
--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

注意

プログラムのバグについては bug-textutils@gnu.org に報告してください。
man ページは Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が作成しました。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017