RMDIR

Section: User Commands (1)
Updated: 18 June 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

rmdir - 空のディレクトリを削除する  

書式

rmdir [options] directory...

POSIX オプション: [-p]

GNU オプション (簡略形式): [-pv] [--ignore-fail-on-non-empty] [--help] [--version] [--]  

説明

rmdir コマンドは空のディレクトリを削除する。

引き数に指定した directory が存在する空のディレクトリでない場合にはエラーになる。  

POSIX オプション

-p
指定した directory がパス名に複数の階層を持っている場合、それを削除し、 最終のディレクトリ名を省略し、その結果のディレクトリを削除し、 というふうにすべての階層が削除されるまで繰り返す。 つまり、`rmdir -p a/b/c' は `rmdir a/b/c; rmdir a/b; rmdir a' と同じである。
 

GNU オプション

--ignore-fail-on-non-empty
ディレクトリが空でない場合のエラーを無視する。
-p, --parents
POSIX と同じ。
-v, --verbose
削除したディレクトリごとにメッセージを表示する。
 

GNU 標準オプション

--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
--
オプションリストを終了する。
 

環境変数

変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。  

準拠

POSIX 1003.2  

注意

このページでは fileutils-4.1 パッケージでの rmdir コマンドについて説明している。 その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。 修正や追加は aeb@cwi.nl, aw@mail1.bet1.puv.fi, ragnar@ragnar-hojland.com 宛てにメールで連絡してほしい。 プログラムのバグについては bug-fileutils@gnu.org へ報告してほしい。


 

Index

名前
書式
説明
POSIX オプション
GNU オプション
GNU 標準オプション
環境変数
準拠
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:32 GMT, March 14, 2017