pathchk

Section: User Commands (1)
Updated: 18 June 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

pathchk - ファイル名の可搬性 (portability) をチェックする  

書式

pathchk [-p] [--portability] filename...

patchk [--help] [--version]  

説明

pathchk は与えられたそれぞれの filename に対して、 以下の条件のいずれかが真の場合にメッセージを出力する。
filename に含まれるディレクトリに検索 (実行) 権限がない。
filename の長さがファイルシステムで許されている最大値よりも大きい。
filename のディレクトリに対応する各部分の長さのどれかが ファイルシステムで許されている最大値を越えている。

終了ステータスは以下の通り:

0 全てのファイル名が全てのテストをパスした
1 それ以外
 

オプション

-p, --portability
ファイル名と各部分の長さのチェックを、 ファイルの置かれているファイルシステムに対して行うのではなく、 POSIX.1 で可搬性を保証している最小値に対して行う。 またファイル名に可搬性の無い文字セットが含まれていないかどうかもチェックする。
--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

注意

プログラムのバグについては bug-sh-utils@gnu.org に報告してください。 ページの更新は Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が行っています。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017