nohup

Section: User Commands (1)
Updated: 18 June 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

nohup - ハングアップに反応しないようにしてコマンドを実行する  

書式

nohup command [arg...]

nohup [--help] [--version]  

説明

nohup はハングアップシグナルを無視するかたちで command を実行する。こうすると command は、ログアウトした後もバックグランド実行を続けることができる。

スケジューリング優先度は 5 増やされるので、 実行の割り当て時間はやや小さくなる。 標準出力が端末のときは、 標準出力と標準エラー出力は `nohup.out' へ追加書き込みモードでリダイレクトされる。 `nohup.out' へ書き込めない場合は `$HOME/nohup.out' へ追加書き込みする。 それでも書き込めない場合は、コマンドは実行されない。

nohup が 'nohup.out' もしくは '$HOME/nohup.out' を生成したときは、 そのファイルのパーミッションは `go-rwx' になる。 対象のファイルがすでに存在するときは、 ファイルのパーミッションの変更はしない。

nohup は自動的にはコマンドをバックグランドに送らないので、 コマンドラインの末尾に `&' をつけて、 ユーザーが明示的にバックグラウンドへ送る指定をする必要がある。  

オプション

GNU nohup が引数一つだけで起動された場合には、 以下のオプションが認識される:
--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

注意

プログラムのバグについては bug-sh-utils@gnu.org に報告してください。 ページの更新は Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が行っています。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017