COMM

Section: User Commands (1)
Updated: 7 October 2002
Index JM Home Page roff page
 

名前

comm - ソート済みの2つのファイルを行ごとに比較する  

書式

comm [-123] FILE1 [FILE2]

comm [--help] [--version]  

説明

comm は二つの入力ファイルを読み込み、 共通な行および共通でない行をそれぞれ表示する。 一方の FILE が省略されると、その分は標準入力から読み込む。また FILE が `-' だった場合には、そのファイルには標準入力が用いられる。

オプションが与えられない場合、 comm は 3 列からなる出力を生成する。 第 1 列には FILE1 だけにしか含まれない行を、 第 2 列には FILE2 だけにしか含まれない行を、 そして第 3 列には両方のファイルに共通に含まれている行をそれぞれ出力する。 列は <TAB> 区切りである。

-1
第 1 列の出力をしない。
-2
第 2 列の出力をしない。
-3
第 3 列の出力をしない。
--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。
--version
標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。
 

返り値

他の比較ユーティリティと異なり、 comm の返す終了ステータスは比較結果に依存しない。 通常終了をすると、 comm は終了ステータスとして 0 を返し、エラーがあると 0 以外のステータスを返す。  

注意

プログラムのバグについては bug-textutils@gnu.org に報告してください。
man ページは Ragnar Hojland Espinosa <ragnar@ragnar-hojland.com> が作成しました。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017