PTHREAD_MUTEXATTR

Section: C Library Functions (3)
Updated: LinuxThreads
Index JM Home Page roff page

 

名前

pthread_mutexattr_init, pthread_mutexattr_destroy, pthread_mutexattr_settype, pthread_mutexattr_gettype - mutex 作成時の属性

 

書式

#include <pthread.h>

int pthread_mutexattr_init(pthread_mutexattr_t *attr);

int pthread_mutexattr_destroy(pthread_mutexattr_t *attr);

int pthread_mutexattr_settype(pthread_mutexattr_t *attr, int kind);

int pthread_mutexattr_gettype(const pthread_mutexattr_t *attr, int *kind);

 

説明

mutex の属性は mutex 作成時に、 pthread_mutex_init(3) の第 2 引数として mutex 属性オブジェクトを渡すことで 指定することができる。 NULL を渡すことは、すべての属性がデフォルト値に 設定された mutex 属性オブジェクトを渡すことと同等である。

pthread_mutexattr_init は mutex 属性オブジェクト attr を初期化し、すべての属性をデフォルトの値に設定する。

pthread_mutexattr_destroy は mutex 属性オブジェクトを破壊する。 破壊された mutex 属性オブジェクトは 再び初期化されるまで再使用してはならない。 pthread_mutexattr_destroy は LinuxThreads の実装では何もしない。

LinuxThreads はただ 1 つの mutex 属性に対応している。 それは mutex 種別 (mutex kind) で、 「速い (fast) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_FAST_NP か、「再帰的な (recursive) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_RECURSIVE_NP 、「エラー検査を行なう (error checking) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_ERRORCHECK_NP のいずれかの値をとる。 NP という接尾辞が示すように、 これは POSIX 標準に対するポータブルでない拡張で、 ポータブルなプログラムでは用いるべきでない。

mutex 種別は、 あるスレッドが自分自身で pthread_mutex_lock(3) ですでに保持している mutex をロックしようとしたときに、 何が起こるかを決定する。 mutex が「速い (fast) 」という種別の場合、 pthread_mutex_lock(3) は単に呼び出しスレッドを永遠に停止させる。 mutex が「エラー検査を行なう (error checking) 」という種別の場合、 pthread_mutex_lock(3) はエラーコード EDEADLK とともに直ちに返る。 mutex が「再帰的な (recursive) 」という種別の場合、 pthread_mutex_lock(3) の呼び出しは成功の返り値とともに直ちに返る。 mutex を保持しているスレッドが何回ロックしたかがその mutex に記録される。 保持しているスレッドがロック解除状態に戻るためには、 同じ回数だけ pthread_mutex_unlock(3) を呼び出さなければならない。

デフォルトの mutex 種別は「速い (fast) 」、 すなわち PTHREAD_MUTEX_FAST_NP である。

pthread_mutexattr_settypeattr の mutex 種別を表す属性を kind で示される値に設定する。

pthread_mutexattr_gettypeattr の mutex 種別を表す属性を取得し、 kind で指し示される領域に格納する。

 

返り値

pthread_mutexattr_init および pthread_mutexattr_destroypthread_mutexattr_gettype は常に 0 を返す。

pthread_mutexattr_settype は成功すると 0 を、エラーの場合非 0 のエラーコードを返す。

 

エラー

エラーのとき、 pthread_mutexattr_settype は次のようなエラーコードを返す:

EINVAL
kindPTHREAD_MUTEX_FAST_NP および PTHREAD_MUTEX_RECURSIVE_NPPTHREAD_MUTEX_ERRORCHECK_NP のいずれでもない。

 

著者

Xavier Leroy <Xavier.Leroy@inria.fr>

 

関連項目

pthread_mutex_init(3), pthread_mutex_lock(3), pthread_mutex_unlock(3).

[訳注1] glibc-linuxthreads の最新のドキュメントは Texinfo 形式で提供されている。 上の記述は glibc-linuxthreads-2.2 以降では正しくない。 以下は glibc-linuxthreads-2.3.1 の Texinfo ファイルからの引用である。 種別 (kind) が型 (type) に変更されている。

LinuxThreads はただ 1 つの mutex 属性に対応している。 それは mutex 型 (mutex type) で、 「速い (fast) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_ADAPTIVE_NP か、「再帰的な (recursive) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_RECURSIVE_NP 、「時刻情報つき (timed) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_TIMED_NP 、「エラー検査を行なう (error checking) 」 mutex を表す PTHREAD_MUTEX_ERRORCHECK_NP のいずれかの値をとる。 NP という接尾辞が示すように、 これは POSIX 標準に対するポータブルでない拡張で、 ポータブルなプログラムでは用いるべきでない。

mutex 型は、 あるスレッドが自分自身で pthread_mutex_lock(3) ですでに保持している mutex をロックしようとしたときに、 何が起こるかを決定する。 mutex が「速い (fast) 」という型の場合、 pthread_mutex_lock(3) は単に呼び出しスレッドを永遠に停止させる。 mutex が「エラー検査を行なう (error checking) 」という型の場合、 pthread_mutex_lock(3) はエラーコード EDEADLK とともに直ちに返る。 mutex が「再帰的な (recursive) 」という型の場合、 pthread_mutex_lock(3) の呼び出しは成功の返り値とともに直ちに返る。 mutex を保持しているスレッドが何回ロックしたかがその mutex に記録される。 保持しているスレッドがロック解除状態に戻るためには、 同じ回数だけ pthread_mutex_unlock(3) を呼び出さなければならない。

デフォルトの mutex 型は「時刻情報つき (timed) 」、 すなわち PTHREAD_MUTEX_TIMED_NP である。

[訳注2] LinuxThreads では mutex をプロセス間で共有することはできない。 glibc-linuxthreads-2.2 以降、次の 2 つの関数が追加されている。

int pthread_mutexattr_getpshared(const pthread_mutexattr_t *attr, int *pshared);

pshared で指し示される領域に PTHREAD_PROCESS_PRIVATE を格納し、常に 0 を返す。

int pthread_mutexattr_setpshared(pthread_mutexattr_t *attr, int pshared);

psharedPTHREAD_PROCESS_PRIVATE および PTHREAD_PROCESS_SHARED のいずれでもない場合、 EINVAL を返す。 psharedPTHREAD_PROCESS_SHARED の場合、 ENOSYS を返す。 それ以外の場合、 0 を返す。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017