PTHREAD_JOIN

Section: C Library Functions (3)
Updated: LinuxThreads
Index JM Home Page roff page

 

名前

pthread_join - 別のスレッドの終了を待つ

 

書式

#include <pthread.h>

int pthread_join(pthread_t th, void **thread_return);

 

説明

pthread_join は、 呼び出しスレッドの実行を停止し、 th で指定したスレッドが pthread_exit(3) を呼び出して終了するか、取り消しされて終了するのを待つ。

thread_returnNULL でないときには、 th の返り値が thread_return で指し示される領域に格納される。 th の返り値は、 pthread_exit(3) に与えられた引数、または PTHREAD_CANCELED( th が取り消しされた場合 ) である。

合流 (join) されるスレッド th は、合流可能 (joinable) な状態でなければならない。 すなわち、 pthread_detach(3) を使用してデタッチ (detach) されていたり、 pthread_create(3) で属性 PTHREAD_CREATE_DETACHED を与えられていたりしてはならない。

合流可能なスレッドが終了しても、 別のスレッドがそのスレッドに対して pthread_join を呼び出すまでは、 そのメモリ資源 (スレッドディスクリプタとスタック) は解放されない。 したがって、メモリリークを防ぐためには、 合流可能なスレッドそれぞれに対して pthread_join を 1 回ずつ呼び出さなければならない。

あるスレッドの終了を待つことができるスレッドは高々 1 つである。 すでに別のスレッドが終了を待っているスレッド th に対して pthread_join を呼び出した場合、エラーが返る。

 

取り消し

pthread_join は取り消しポイントである。 スレッドが pthread_join で停止しているときに取り消しされると、 直ちに実行が再開されて スレッド th が終了するのを待つことなく取り消しが実行される。 取り消しが pthread_join で起こった場合には、 スレッド th は合流されずに残ることになる。

 

返り値

成功すると、 th の返り値が thread_return で指し示された領域に格納され、0 が返る。 エラーの場合、非 0 のエラーコードが返る。

 

エラー

ESRCH
th で指定された ID に対応するスレッドが見つからなかった。
EINVAL
th で指定されたスレッドはすでにデタッチされている。
EINVAL
すでに別のスレッドがスレッド th の終了を待っている。
EDEADLK
引数 th が呼び出しスレッドを指している。

 

著者

Xavier Leroy <Xavier.Leroy@inria.fr>

 

関連項目

pthread_exit(3), pthread_detach(3), pthread_create(3), pthread_attr_setdetachstate(3), pthread_cleanup_push(3), pthread_key_create(3).


 

Index

名前
書式
説明
取り消し
返り値
エラー
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017