PTHREAD_CREATE

Section: C Library Functions (3)
Updated: LinuxThreads
Index JM Home Page roff page

 

名前

pthread_create - 新しいスレッドを生成する

 

書式

#include <pthread.h>

int pthread_create(pthread_t * thread, pthread_attr_t * attr, void * (*start_routine)(void *), void * arg);

 

説明

pthread_create は呼び出しスレッドと並行して実行する、新しい制御スレッドを生成する。 新しいスレッドは、 arg を第 1 引数とする start_routine という関数になる。 新しいスレッドは、 pthread_exit(3) を呼び出すことによって明示的に終了するか、 関数 start_routine から返ることで暗黙的に終了する。後者の場合は、 start_routine の終了コードとして返す結果を引数として pthread_exit(3) を呼び出すことに等しい。

引数 attr には、その新しいスレッドに適用するスレッド属性を指定する。 スレッド属性に関する完全なリストは pthread_attr_init(3) に見つけることができる。 引数 attr はまた NULL をとることができ、その時はデフォルトの属性が用いられる: 生成したスレッドは合流可能で (つまりデタッチされない)、 デフォルト (つまりリアルタイムではない) のスケジューリング方針になる。

 

返り値

成功すると新しく作成したスレッドの識別子が 引数 thread の指す領域へ格納され、 0 が返る。 エラーの場合、非 0 のエラーコードが返る。

 

エラー

EAGAIN
新しいスレッドのプロセスを生成するための十分なシステム資源がない。
EAGAIN
PTHREAD_THREADS_MAX よりも多くのスレッドが既にアクティブである。

 

著者

Xavier Leroy <Xavier.Leroy@inria.fr>

 

関連項目

pthread_exit(3), pthread_join(3), pthread_detach(3), pthread_attr_init(3).


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017