MKLOST+FOUND

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: December 2010
Index JM Home Page roff page
 

名前

mklost+found - マウントされている Linux 第 2 拡張ファイルシステムに lost+found ディレクトリを作成する  

書式

mklost+found  

説明

mklost+found は、Linux 第 2 拡張ファイルシステム上にある現在のディレクトリに lost+found ディレクトリを作成するために用いられる。 通常それぞれのファイルシステムのルートディレクトリには lost+found ディレクトリがおかれる。

mklost+found はディスクブロックをディレクトリに前もって割り当てる。 これによって、 e2sfsck(8) がファイルシステム回復のために起動されたとき、 unlink された多数のファイルを保存するためのブロックを ファイルシステムに割り当てる必要がなくなる。 したがって e2fsck がファイルシステムの回復の最中にデータブロックを割り当てなくても良くなる。  

オプション

ない。  

著者

mklost+found は Remy Card <Remy.Card@linux.org> によって作成された。 現在は Theodore Ts'o <tytso@alum.mit.edu> によってメンテナンスされている。  

バグ

ない :-)  

入手方法

mklost+found は e2fsprogs パッケージの一部であり、 http://e2fsprogs.sourceforge.net から入手できる。  

関連項目

e2fsck(8), mke2fs(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
著者
バグ
入手方法
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:29 GMT, March 14, 2018