DUMPE2FS

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: May 2006
Index JM Home Page roff page
 

名前

dumpe2fs - ext2/ext3 ファイルシステムの情報をダンプ (dump) する  

書式

dumpe2fs [ -bfhixV ] [ -ob superblock ] [ -oB blocksize ] device  

説明

dumpe2fs は、 device によって指定されるデバイス上にあるファイルシステムの スーパーブロックに関する情報と ブロックグループに関する情報を表示する。

dumpe2fs は、Berkeley の BSD Fast File System 用の dumpfs と同様のものである。  

オプション

-b
ファイルシステム上で不良ブロックとして扱われているブロックを表示する。
-ob superblock
ファイルシステムを調べるときに、 superblock ブロックを用いる。このオプションは通常は必要ない。 ファイルシステムを熟知したユーザが、ひどい状態に壊れてしまった ファイルシステムから、残りを調べるときに用いられる。
-oBblocksize
ファイルシステムを調べるときに、コマンドラインから指定した ブロックサイズを用いる。このオプションは通常は必要ない。 ファイルシステムを熟知したユーザが、ひどい状態に壊れてしまった ファイルシステムから、残りを調べるときに用いられる。
-f
dumpe2fs の理解しないファイルシステム属性フラグを持つような ファイルシステムでも、強制的に表示する (そして dumpe2fs の表示がおかしくなるかもしれない)。
-h
スーパーブロックの情報だけを表示し、 ブロックグループデスクリプターの詳細情報は表示しない。
-i
device をイメージファイルへのパス名として、 e2image で作成されたイメージファイルのファイルシステムデータを表示する。
-x
詳細なグループ情報のブロック数を 16 進数で表示する。
-V
dumpe2fs のバージョンを表示して終了する。
 

バグ

出力を理解するためには、 ファイルシステムの物理的な構造を知っていなければならない。  

著者

dumpe2fs は Remy Card <Remy.Card@linux.org> によって作成された。 現在は Theodore Ts'o <tytso@alum.mit.edu> によってメンテナンスされている。  

入手方法

dump2fs は e2fsprogs パッケージの一部であり、 http://e2fsprogs.sourceforge.net から入手できる。  

関連項目

e2fsck(8), mke2fs(8), tune2fs(8)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
バグ
著者
入手方法
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:30 GMT, March 14, 2017