MK_CMDS

Section: User Commands (1)
Updated: 2003
Index JM Home Page roff page
 

名前

mk_cmds - エラーテーブルコンパイラ  

書式

mk_cmds file  

説明

mk_cmds は、コマンド名とそれに関連するヘルプメッセージを列挙したテーブルを、 ss(3) ライブラリと共に使用するのに適した、C のソースファイルに変換する。

ソースファイルの名前はサフィックス ``.ct'' で終っていなければならない。 ファイルはコマンドラインテーブルの名前を与える宣言で構成される。

command_table name

の後に

[ request | unimplemented ] name, " string "[, abbrev]...;

という形式のエントリが続き、テーブルの終りを示す

end

で終る。

C のソースファイルが生成されるので、コンパイルして、 ss ライブラリを使うオブジェクトファイルとリンクする。

ソースファイル中の ``#'' はコメント文字として扱われ、 ソースファイルの行末までの残りの文字列は無視される。

 

バグ

オリジナルの mk_cmdsyacc(1) に基づくとても簡単なパーサを使っており、 現在のバージョンの mk_cmds は awk と sed を組み合わせたスクリプトを使っているので、 エラーからの回復についてはまだ十分とは言えない。

 

関連項目

ss (3)


 

Index

名前
書式
説明
バグ
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:31 GMT, March 14, 2017