本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

WUMP

Section: Games and Demos (6)
Updated: May 31, 1993
Index JM Home Page roff page
 

名称

wump - 地下洞窟で Wump を狩る  

書式

wump [-h] [-a arrows] [-b bats] [-p pits] [-r rooms] [-t tunnels]  

解説

ゲーム wump は、1973 年の People's Computer Company のページ初出のファンタジーゲームを元にしています。 ゲーム Hunt the Wumpus では、 トンネルにより相互接続された多くの部屋からなる洞窟中にあなたは置かれます。 ゲームの目的は、 落し穴に落ちたり矢を使い尽くす前に、 洞窟中のどこかにいる悪い Wump を見つけて射殺すことです。

オプションを以下に示します:

-a
冒険者が持つ魔法の矢の数を指定します。 デフォルトでは 5 本です。
-b
洞窟中の蝙蝠 (コウモリ) がいる部屋の数を指定します。 デフォルトでは 3 部屋です。
-h
難しいバージョン -- より多くの落し穴、より多くの蝙蝠、そしてより危険な洞窟 -- でプレイします。
-n
洞窟中の底なし落し穴を持つ部屋の数を指定します。 デフォルトでは 3 部屋です。
-r
洞窟中の部屋の数を指定します。 デフォルトの洞窟の大きさは 25 部屋です。
-t
洞窟中の各部屋から別の部屋へ接続するトンネルの数を指定します。 注意:小さな洞窟でトンネル数の指定を多くし過ぎると、 かんたんに洞窟が壊れてしまいます。 デフォルトでは、洞窟の部屋は他の部屋へのトンネルを 3 つ持ちます。

洞窟をさまよっているうちに、 トンネルはどこにでもあるけれども、 洞窟の構造には奇妙な特徴があることに気づくかもしれません。たとえば、 トンネルによっては、ある部屋から別の部屋に行ける場合でも、 戻り道があるとは限らないことがあります。 また、最もやっかいな特徴として、むちゃくちゃな数の蝙蝠の巣となっている 部屋があります。 邪魔をされた蝙蝠は、ひとまとまりとなってあなたをつまみあげ、 洞窟中の別の場所 (不用心な冒険者を確実に殺す、底なし落し穴がある部屋を含みます) にあなたを移動してしまいます。

幸運なことに、武器や道具無しに洞窟に潜り込もうとしているわけではありません。 そして、実際のところ、最も助けになるものは自分自身の感覚です; Wump の悪臭は 2 部屋先から感じることが可能です。 点在する底なし落し穴からの隙間風を常に感じ取ることができます。 蝙蝠が眠っている洞窟中では羽の音を聞くことができます。

Wump を殺すためには、魔法の矢の 1 本をもって射る必要があります。 幸運なことに、その生物と同じ部屋にいる必要はなく、 3 部屋もしくは 4 部屋離れたところから矢を射ることが可能です。

矢を射るときには、矢が通る部屋のリストを打ち込む必要があります。 矢が通る経路上のどこかで、ある部屋から次に指定した部屋へのトンネルが 無い場合には、 矢はその部屋のトンネルのひとつをランダムに選択して飛びます。 本当に不幸な場合には、自分の部屋に戻ってきて 自分自身に当たる可能性すらあります!


 

Index

名称
書式
解説

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:29 GMT, March 14, 2018