本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

NDC

Section: Maintenance Commands (8)
Index JM Home Page roff page

BSD mandoc
BSD 4  

名称

ndc - ネームサーバデーモン制御プログラム  

書式

ndc [-c channel ] [-l localsock ] [-p pidfile ] [-d ] [-q ] [-s ] [-t ] [command ]  

解説

このコマンドを使用する事により、システム管理者はネームサーバを制御可能です。 command を指定しないと、 ndc は、EOF を読み込むまでの間コマンド入力を促します。

オプションは次の通りです:

-c channel
制御チャネルのランデブポイントを指定します。 デフォルトは /var/run/ndc です (UNIX ドメインソケットであり、サーバのデフォルトの制御チャネルです)。 要求する制御チャネルが TCP/IP ソケットの場合、 channel 引数の書式は ipaddr/port になります (例えば 127.0.0.1/54 は、ローカルホストの TCP ポート 54 になります。)
-l localsock
本オプションは、クライアント側の制御チャネルを特定のアドレスに bind(2) します。 特定のアドレス以外からの接続を拒否するように、サーバを設定可能です。 書式は channel のものと同じです (上述参照)。
-p pidfile
古いネームサーバとの後方互換性のため、制御通信用に ndc は UNIX シグナルを使用可能です。 この機能は現在のネームサーバではオプションであり、いつかすべて消滅します。 使用可能な command の集合は、 シグナルによるインタフェースを使用した場合の方が狭いことに注意してください。 おそらく pidfile 引数は /var/run/named.pid のようなものです。
-d
デバッグ出力を有効にします。主に開発者が興味を持つものです。
-q
プロンプトと結果のテキスト出力を抑制します。
-s
致命的でないエラー出力を抑制します。
-t
プロトコルとシステムのトレースを有効にします。 インストール時のデバッグに有用です。

 

コマンド

いくつかのコマンドは ndc に組み込まれています。 ネームサーバがサポートする完全なコマンドセットは動的であり、これは help コマンド (後述参照) で確認できるはずです。 組み込みコマンドは次の通りです:

/help
組み込みコマンド用のヘルプを提供します。
/exit
ndc コマンドインタプリタから抜けます。
/trace
トレース機能を切り替えます (前述の -t の記述を参照)。
/debug
デバッグ機能を切り替えます (前述の -d の記述を参照)。
/quiet
静寂機能を切り替えます (前述の -q の記述を参照)。
/silent
沈黙機能を切り替えます (前述の -s の記述を参照)。

 

注釈

pidfile モードで実行すると、 startrestart のコマンドへの引数は、新しい named に対するコマンドラインとして渡されます。 channel モードで実行すると、 start コマンドは無く、 restart コマンドは単にネームサーバに対して自己を execvp(2) するよう通知します。  

作者

Paul Vixie (Internet Software Consortium)  

関連項目

named(8)


 

Index

名称
書式
解説
コマンド
注釈
作者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:29 GMT, March 14, 2017