AUTOFS

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 9 Sep 1997
Index JM Home Page roff page
 

名前

/etc/rc.d/init.d/autofs - オートマウントシステムの制御スクリプト  

書式

/etc/rc.d/init.d/autofs start|stop|reload|status  

説明

autofs は Linux システム上で動作している automount(8) デーモンの動作を制御する。 通常 autofs はシステムのブート時に start 引き数を付けて呼び出され、 シャットダウン時に stop 引き数を付けて呼び出される。 autofs スクリプトはシステム管理者が手動で呼び出して、 オートマウントシステムのシャットダウン・ 再起動・再読み込みをさせることもできる。

 

動作

autofs は設定ファイル /etc/auto.master (auto.master(5) を参照) を読んで、システム上のマウントオプションを見つける。 各マウントオプションについて、適切な引き数を付けて automount(8) プロセスが開始される。 オートマウントシステムのアクティブなマウントポイントは /etc/rc.d/init.d/autofs status コマンドでチェックすることができる。 auto.master 設定ファイルに

+map [options]

という行がある場合、スクリプトは同じ名前の NIS マップをチェックする。 そのようなマップが存在する場合、そのマップは任意のオプション引き数を付けて auto.master マップと同じ方法で処理される。

/etc/rc.d/init.d/autofs reload は実行中のデーモンに現在の auto.master マップをチェックさせる。 エントリが変更されたデーモンは kill され、 新しいエントリまたは変更されたエントリのデーモンが開始される。

マップが変更されると、その変更はすぐに有効になる。 auto.master マップが変更された場合、変更を有効にするために autofs スクリプトを再実行しなければならない。

/etc/rc.d/init.d/autofs status は現在の設定と現在実行中の automount デーモンのリストを表示する。  

関連項目

automount(8), autofs(5), auto.master(5).  

著者

この man ページは Christoph Lameter <chris@waterf.org> によって Debian GNU/Linux システムのために書かれた。 H. Peter Anvin <hpa@transmeta.com> によって編集された。


 

Index

名前
書式
説明
動作
関連項目
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:29 GMT, March 14, 2017