RTCSLEEP

Section: User Commands (1)
Updated: sleep in APM suspend/standby mode
Index JM Home Page roff page
 

名前

apmsleep - サスペンド/スタンバイモードに入り、後で復帰する  

書式

apmsleep [-sSnwhVd] [--suspend] [--standby] [--noapm] [--wait] [--help] [--version] [--debug] [+]hh:mm  

説明

コンピュータの中には (特にラップトップには)、 リアルタイムクロック (RTC) を用いて 低電力サスペンドモードから DRAM モードに復帰できるタイプのものがある。 apmsleep を使うと、RTC の「目覚まし時刻」を設定してから システムをサスペンドモード・スタンバイモードにすることができる。 RTC からの割り込みがあると、コンピュータは目を覚ます。 このプログラムは、カーネル時刻の不連続な変化 (leap) を待つことによってこのイベントを検知し、成功を返して終了する。 一分以内に時刻の leap がなかったり、何かまずいことがおこったら、 0 以外の値を返して終了する。

復帰時刻の指定には 2 つの形式がある。

+hh:mm は現在の時刻からの相対的なオフセットを指定する。 コンピュータが復帰するまでには、 hh 時間と mm 分に加えて何秒かが必要となる。

hh:mm は復帰時刻を 24 時間フォーマットのローカル時刻で指定する。 RTC に保存されているのが GMT かそうでないかは気にしなくてよい。 TZ 環境変数でタイムゾーンを変更していても良い。 夏時間はこのバージョンでは考慮していないが、将来は対応する予定である。  

オプション

-V, --version
ampsleep プログラムのバージョンを表示してただちに終了する。
-s, --suspend
可能ならマシンをサスペンドモードにする (デフォルト)。 作者のラップトップでは、サスペンドモードはメモリ以外のすべての電源を遮断する。
-S, --standby
可能ならマシンをスタンバイモードにする。 作者のラップトップでは、スタンバイモードは スクリーン・ハードディスク・CPU の電源を遮断する。
-w, --wait
時刻の leap をいつまでも待ち続ける。
-n, --noapm
コンピュータをサスペンドさせるときに /usr/bin/apm を呼ばない。 アラームクロックを有効にして時刻の leap を待つだけ。
-d, --debug
何が起こっているのか、情報を表示する。
 

必要となるシステム設定

カーネル
スペシャル・キャラクタ・デバイス /dev/rtc が存在し、 Linux カーネルを APM と RTC をサポートするように コンパイルしておかなければならない (CONFIG_RTC と、適切な CONFIG_APM* オプション)。
BIOS
BIOS 設定で、コンピュータの "suspend to RAM" 機能を 有効にしておかなければならない。 "suspend to Disk" は動作しない。 これはコンピュータの電源を完全に遮断してしまうからである。 ALARM タイマーは有効にしなくてもよい。これは apmsleep によって有効にされる。ボードによっては、 サスペンドモードから復帰させる割り込みを選べることもある。 このようなボードを使っている場合は、キーボード (IRQ 1) と RTC (IRQ 8) がその中に含まれているかを確かめておくと良いだろう。
権限
このプログラムは root 権限で実行するか、 SUID 属性を設定する必要がある (chmod(1) を見よ)。
 

バグ

apmsleep はどのイベントがサスペンド状態を終了させたかを検知できない。 可能性のあるものは、キーボード・マウスへの入力、モデムへの着信、 RTC からのアラーム、その他あらゆる割り込み、など。

このプログラムは Winbook XL ラップトップ (Pentium) でしかテストされていない。 あなたのハードウェアでは動作しないかもしれない。  

著者

このプログラムは Peter Englmaier (ppe@pa.uky.edu) によって書かれ、 GNU 一般公共使用許諾のもとで自由に再配布できる。 このコードは Paul Gortmacher の RTC テスト/例示プログラムを元にしている。 このプログラムは「完全に無保証」である。現在の管理者は Peter Englmaier である。  

関連項目

xapm(1), apmd(8), rtc.txt (Linux Kernel Documentation)


 

Index

名前
書式
説明
オプション
必要となるシステム設定
バグ
著者
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:28 GMT, March 14, 2018